ネットビジネスで失敗して結果が出ない時に、取る次なる一手とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスで失敗して結果が出ない時というのは、誰でも気持ちが沈み
モチベーションが下がったりします。

 

ネットビジネスをやっている人であれば、教材などを購入してそのとおりに実践しているでしょう。

 

ですがやってみると、教材どおりの結果が出ない・・・といったことはよくあります。

不思議なもので、普段気の長い人もたった一回の実践で結果が出ないと「この教材は稼げない」と思ってしまい、挫折するまたは違うノウハウに手を出す。

 

このようになってしまうので、ネットビジネスで稼げない人が生まれてしまうのです。

 

前者の諦めるであれば、大した損失はでませんが後者の別のノウハウに手を出す。

 

これは危険信号が点くので是非これだけは回避したいものです。

 

ではネットビジネスで失敗して結果が出ない時にはどうすればよいのでしょうか?

 

答えはものすごくシンプルで「結果がでるまでやる」が正解です。

恐らくほとんどの人が、仕事先やアルバイト先では当然のようにできているのですが、ネットビジネスになると「結果がでるまでやる」ということが出来なくなってしまいます。

 

今の職場を思い出してみてください・・・たった一回のミスで仕事をやめるでしょうか?

ほとんどの人は1回くらい失敗しただけでは、辞めないはずです。

 

私の場合、本業で何度失敗したか分かりません(笑)

 

プログラムを組んでいるときは、何回作り直しても思うような動作をしなくて徹夜も何度も経験しています。

ですが最後は結果が出るまでやりきっています。
※どうしてもできない時は、別の社員にお願いしたこともありますが・・・

 

職場で任された仕事に対してなかなか結果が出ない時でも、原則結果がでるまでやっているはずです。

失敗のたびに仕事を変えていたら、履歴書の職歴がとんでもないことになりますからね。

 

また失敗したときに当然モチベーションが下がるのは分かります。

ではそのモチベーションを回復するためにはどうしたらよいか?

 

結局これも結果を出すことでしか、モチベーションは上がらないのです。

 

気晴らしにお酒を飲んでも、翌日には思い出すし趣味で紛らわそうとしても、頭の片隅にも残っているものです。

 

結局仕事の失敗は仕事で取り返すしかないのです。

 

ネットビジネスで教材どおりに実践し1度失敗したときには、再度手順や内容を見直して実践してみると結果が変わることが多いです。

 

それはなぜか?

実践前の内容と、実践後の内容では視点が変わっているからです。

 

実践前に教材の内容を分かっていたつもりでも、実践後に見直すと新たな気づきが出てくることが多いです。

 

記憶力の良い学生のころですら、教科書を1回読んだだけで内容を理解できないので何度も繰り返し読み直すのと一緒ですね。

 

ネットビジネスで結果が出ない時には、地道にコツコツ結果が出るまで実践することが何より大事です。

ネットビジネスでは裏技などは一切なく、リアルビジネスと一緒に取り組んでいけば誰でも稼ぐといった結果は必ず付いてきます。

 

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





アフィリエイトで成功するためにマインドを見つめなおす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトで成功するためには、重要な要素がたった一つだけあります。

それは何か?アフィリエイトで成功するためには、マインドセットが必要です。

再現性の高いノウハウがあっても、マインドがしっかりしていないとアフィリエイトで成功するのは難しいというか無理です。

アフィリエイトで成功するために切っても切り離せない、超重要な「マインド」を再度見直してしっかりと稼いでいきましょう。

 

 

マインドの重要性

 

アフィリエイトというのは、ノウハウのみを学んでも稼げるようにはなりません。

どちらかというとノウハウよりも、マインドを学びマインドを身につけないと稼げません。

よく聞く、マインドセットです。

 

アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人の明確な違いというのは、アフィリエイトに対する姿勢や覚悟です。

しっかりと成功するマインドを身につけていなければ、仮にマグレや短期間稼げたとしても長期安定して稼いだり大きく稼ぐのは難しいです。

 

 

例えば「東大クラス」の予備校で同じ教科書を使って同じ講義を受けても、全員東大に行けないのはまさにマインドの違いです。

 

 

アフィリエイトでも同様で、同じ教材を手にして同じノウハウを実践しているのに、稼ぐ金額が違うのもマインドによるものです。

 

 

私はアフィリエイトやネットビジネスのコミュニティに複数所属していますが、稼ぐ人と稼げない人の明確なマインド差というものを実感しています。

 

 

まず間違いなくアフィリエイトで稼げない人のマインドを挙げますので、当てはまった場合には見直してみる必要があります。

 

 

稼げない人のマインド

実際にいろんな1円も稼げないアフィリエイターを見てきた中で、一番多い原因を挙げてみます。

 

〇めんどくさい作業を行わない

〇結果が出ないと不安になり、挫折する

〇うまくいかないことを他人やノウハウのせいにする

〇結果が出ないうちに別なノウハウに手を出す

 

仮に稼げるノウハウを持っていて、実践している途中だとしても上のようなマインドでは稼げるものも稼げません。

 

 

アフィリエイトの可能性

今一度、アフィリエイトの可能性を再確認しましょう。

 

アフィリエイトを軌道に乗せることができれば、お金と時間の自由が手に入ります。

通常の一般的な人生の悩みであれば、ほとんど解決できると言っていいと思います。

 

人生の中でほんのわずかな期間だけ本気で作業をするだけで、残りの人生を、朝から晩まで働くこともなくお金に苦労することもなく、生活できる可能性を秘めています。

 

 

今後ますます時代はネット社会に移り変わっていきます。

 

事実ネット業界の広告費用は年々増加しており、新聞やテレビの広告費用は下がってきています。

 

ということは、ネットで活躍ができるアフィリエイトの可能性というのは伸びしろがあり需要があるという事です。

 

どこかでこのチャンスに乗らないと、時代に取り残されます。

 

 

自己流を捨てプライドを捨てる

アフィリエイトで稼ぐ人というのは、人一倍素直です。

 

ノウハウなどを忠実にコツコツと実践します。

例え成果がすぐに出なくとも、ただひたすら実践します。

 

逆に成果が出ない人に限って、プライドが人一倍高いのが特徴です。

特に本業で、それなりの地位などについていると正に典型的で、

「一人でうまくいく能力が俺にはきっとある」とか

「教材なんかには頼らなくても大丈夫」とか

「自分には自分のやり方がある」

なんて、教材通りに実践しないし人のアドバイスを一切受けようとしません。

 

アフィリエイトで稼ぎたいなら、新人のつもりで稼いでいる教材や人のアドバイスをしっかり受け入れる必要があります。

 

 

 

プロ意識を持つ

意外と稼げない人というのは、このプロ意識が少なかったりします。

 

「空いた時間にお小遣い稼げればいいや」くらいに思っている人が多いです。

具体的には、稼ごうとする金額の目標が少ないのが特徴です。

月々でいうと数万円レベルといった目標なので、何かちょっとした挫折を味わうと「その金額は他で稼げるからいいや」とあきらめる理由をさがしてしまい、アフィリエイトを辞めるといったことになります。

 

やはり「楽して稼ぎたい」とか「小遣いを稼ぎたい」アフィリエイトにこのようなスタンスで取り組むと、良い結果には結び付きません。

 

目標金額を高くに設定してみたり、趣味の時間を全て削るくらいの覚悟で臨んでみると成功度合いは大分変わります。

 

 

 

知識にたいして投資を行う

例えば、2年間同じやり方をしていてもアフィリエイトで結果が出なければ、これから先も成功の可能性は低いです。

 

 

ですが、すでに成功の知識を得たり別のノウハウから知識を得ると、成功の可能性がグンと上がります。

 

 

確かに継続は力なりですが、さすがに目的地と逆方向に進んでいる場合にはいつまでたっても目的地に着かないのと同じで、その場合には正しい地図を買うか、人に道を聞かなければなりません。

 

それが、アフィリエイトの場合は教材であったり、コンサルなどであったりします。

 

これをしっかりと投資ととれるかどうかで、アフィリエイトで成功できるかどうかの鍵となります。

 

全て無料で行うには限界があり、全て無料で何もかも行おうとすると稼げるはずもありません。

 

 

まとめ

マインドさえしっかり身につければ、よっぽどのことがない限りは、ほぼ間違いなくアフィリエイトで成功すると言っても過言ではありません。

 

 

実はマインドセットを身につけることは、ノウハウを覚えるよりも難しいと思います。

 

 

私も昔、いろんなノウハウを実践して結果が出ない時には、このマインドがしっかり身についていませんでした。

 

 

ですがマインドを身につけたあと取り組んだノウハウで、早々と結果が出ました。

 

それくらいマインドというのは、強烈でまたアフィリエイトを行う上で身につける必要があることなのです。

 

逆に言えば、マインドさえ身につければどんなノウハウでも結果が出て成功できます。

 

是非あれこれノウハウを実践するよりも、じっくりマインドをしっかり身につけましょう。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





アフィリエイトで最短、最速で報酬をあげる3つの心得

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトをこれから始めようとしているひと、また始めたばかりのひとが息切れして挫折せず最短、最速で報酬をあげるコツをご紹介します。

 

 

アフィリエイトは途中でやめてしまうのが、唯一の失敗ですからね。

 

 

 

完璧でなくてよい

 

1記事に2~3日かかるという人は、内容に完璧を求めすぎてはいないでしょうか?

 

特にアフィリエイトを始めたばかりであれば、まずは質より量にこだわるべきです。

 

 

なぜかというと・・・ブログを始めた頃は基本的にみる人が少ないからです。

 

 

少し暴論かもしれませんが、基本的にだれも読まない記事に時間をかけるのは効率的ではありません。

 

 

またブログ記事などは後からでもいくらでも更新可能なので、とっとと量産して情報発信するべきです。

 

 

世の中の企業でも大抵最低限の品質を担保して、世の中に有料商品を販売しているのが普通です。

 

 

天下のマイクロソフトも、最新OSを作り上げたらすぐにリリースしています。

 

 

もちろんそれが会社の売り上げになるわけなので、少しのバグがあろうとお構いなしに世に販売しています。

 

 

毎週水曜日になれば、何やらアップデートを行って品質を保っています。

 

 

ですので、個人のアフィリエイターであればなおさら何も完璧を目指さず恐れずにどんどん記事を最初は量産することに力を注いでいきましょう。

 

 

1日1記事と2日で1記事では、1ヶ月経過で30記事と15記事。

 

 

2か月では60記事と30記事とどんどん差が広がり、報酬が発生するものもしなくなります。

 

 

商品のレビュー記事を書いてアフィリエイトリンクを貼れば、報酬が発生するかもしれませんが、商品のレビュー記事を公開しなければ報酬は発生しません。

 

 

アフィリエイトなどインターネットビジネス全般に言えますが、先出しじゃんけんをして構わないのです。

 

 

後からいくらでも修正がきくので、完璧など目指さずにもう少し気楽にアフィリエイトの作業を楽しみましょう。

 

 

アフィリエイトの作業では、完璧を目指すくらいなら、質が50%であっても完了を目指す方がよっぽど良いです。

 

 

たまには手抜きをしたほうがよい

 

毎回仕事に100%全力を注がなくてもよく、時には手抜きは必要です。

 

ブログ記事を書く場合に、誤字脱字だらけで人に読めない文章を書くのはよろしくないですが、内容に多少手を抜いても誰も気づかないです。

 

※手抜きといってもいい加減な情報発信するとかではなく、時には雑記といった日常などの自分自身がリラックスして書ける記事を書いたりすることなど

 

 

確かに毎回100%全力できれば理想ですが、そんなパフォーマンスを発揮できる人はほとんどいません。

 

 

例えばサッカーのフォワードの選手は、守備に対しては全力を出さないですが前線にボールがきたら100%の力を発揮し、1点を取りに行きます。

 

 

むしろアフィリエイトにおいては、毎回全力を出しすぎて息切れし途中で「なんで100%頑張っているのに成果が出ないんだろう・・・」なんて思考に陥り、途中で挫折するくらいならしっかりと自分の中のON・OFFの切り分けをするべきです。

 

 

実際に仕事が早い人は手抜きのやり方が上手です。

 

 

そういった人はここぞというところで力を発揮するために、体力・気力を温存しているものです。

 

 

 

どんどん見切り発車をしよう

 

準備に時間をたくさんかけるのであれば、とりあえず手を動かして作業をすることを重視しましょう。

 

たいていコンテンツが増えない人は、作業量が少ない傾向にあります。

 

作業の準備段階に時間をかけすぎているのです。

 

例えば私の場合、最近ブログを書くときには、

①キーワード選定

②タイトル決定

③アウトライン決定(見出しは何個?とか)

 

これくらいで記事を書き始めます。

 

もちろんただ書きたいことを書いているわけではなく、しっかり悩んでいる人の解決となる内容を書くよう心がけています。

 

書いているとそのうちに、これも伝えたい!アレも伝えたい!といったように、見切り発車後に意外とアイデアが湧いてきて長文になっているということはよくあります。

 

 

また何度もお話ししましたが、後でも記事は内容を変更できるのです。

 

 

見切り発車をするうえで大事なのは、後で記事を見返して内容を充実させることです。

 

 

見切り発車してそのまま放置さえしなければ、とんどん見切り発車はするべきです。

 

 

準備段階でたくさん時間を費やして、1記事も書けないくらいならまずは行動してみるほうが報酬を得られる確率は圧倒的に早まります。

 

 

まとめ

アフィリエイトで最短・最速で報酬をあげる方法を紹介しました。

 

やはり1ヶ月2か月といった早いペースでアフィリエイト報酬を得る人は、とにかく行動が早く成果物を多くだし息切れせずに作業を継続しています。

 

 

アフィリエイト報酬を早く欲しいのであれば、考えるよりまずは作業をたくさん行うのがよいです。

 

行動を行っていくことで、必ず文章力も上達しアフィリエイトに関するスキルも磨きがかかってきます。

 

アフィリエイトで早く報酬をあげるのであれば、まずはたくさんのコンテンツを量産していきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 

 

 





ネットビジネスで作業時間を生み出すための考え方と具体的な方法

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトなどのネットビジネスを副業で行っている、多忙なサラリーマンの方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

実際に本業をやりながらのネットビジネスの作業を行うためには、非常に労力といったエネルギーを消費します。

 

 

ですが「本業が忙しいから、ネットビジネスの作業ができない」と決めつけてしまっては、一生忙しいまま定年まで働き続けなくてはなりません。

 

 

 

実は「忙しいから作業ができない」と思っている人多くの人がじつは、作業時間を生み出す考え方と具体的な方法をしらないだけなのです。

 

 

 

本日は最近私も実践してより効果的に、作業時間を生み出す方法を解説していきますので、ネットビジネスなどの副業で収益をあげたい、また独立起業したいなどと本業の合間に時間確保したいと思った方はこの記事を読んでいただき、取り入れてほしい内容となっています。

 

 

時間というのは全ての人に平等で1日24時間しかありません。

 

この時間という誰でも平等である概念を制してしまえば今後、あなたの人生は好転すること間違いありません。

 

 

 

そもそも時間が無いのは自分のせいだと思う

何よりも重要な考え方の一つに、忙しいのはまず「自分のせい」とまず認めましょう。

 

よく「仕事が忙しくて作業時間が取れない」ということは、副業でネットビジネスをやっていると1度は口にしたことがあります。

 

 

私もビジネスがうまくいっていない時にはよく口にしていたのを覚えています。

 

残念ながらその考え方は・・・間違っているので今日からやめるようにしましょう。

 

 

そもそも「その仕事を選んだのは誰なのか?」ということを考えてみると、その仕事を選んだのはあなたすなわち自分なのです。

 

まず最初に「作業ができないのは自分のせい」と素直にみとめ、ネットビジネスの作業ができない理由を何かのせいにするのは禁止事項にするようにするべきです。

 

 

 

なぜものごとが進められない原因を自分のせいにするのか?というと、一番の理由は「解決方法を考えないと同じことを繰り返してしまう」からです。

 

 

人間だれしも非を認めたくないというのは非常によく分かります。

 

ただものごとがうまくいかない原因を「自分以外」に求めてしまうと、そこで原因が完結してしまい先にすすめません。

 

 

なので忙しくて作業ができないときは、こう考えるようにしましょう。

 

「仕事が忙しくて作業時間が取れない」・・・の最後に「からどうやろう?」という言葉をつけましょう。

 

そうすると

 

「仕事が忙しくて作業時間が取れないからどうやろう?」になります。

 

こうすることで、原因は完結せずにどうやって解決していこうか?という前向きな方向にものごとが進むようになります。

 

「前向きな方向にものごとを進めようとする」これが大事なんですね。

 

ものごとがうまくいかない時に、原因を全て自分のせいととらえて解決策を講じるといった考え方が非常に重要です。

 

この考え方がほとんどの問題を解決していく考え方の基礎となります。

 

 

 

具体的に作業時間を生み出す方法

 

仕事が忙しくて作業時間が取れないからどうやろう?という考えになったら後は簡単です。

 

貧乏金持ち問わず、どんな人でも1日24時間というのは変わりません。

同じ悩みや問題に直面して解決している人は、この広い世の中に必ずいます。

 

私が学んだ時間の捻出方法を解説していきますので、是非とも時間を有効に活用されてください。

 

 

 

その1:1日の作業内容を書き出す

これは実際に私の会社でもやっているのですが、いわゆる日報と呼ばれるものです。

 

もしかしたら今の職場でも書いているかもしれませんが今一度、書き方を説明します。

 

まずはノートとペンを用意しましょう。

 

①1日の全作業を1時間単位で、行動記録をつける

簡単に例を書いてみます。

9:00~10:00

・会社の社内ミーティング

10:00~11:00

・30分間客先電話対応

・タバコ(5分)

     ・

     ・

     ・

19:00~20:00

・夕飯20分

・youtube視聴15分

コツとしては、例えばタバコを吸う時間に5分かかったとしたら時間も記入、息抜きのyoutubeを視聴しても時間を記入する。

 

要は自分が何をしたかをこと細かく記入することです。

しかも1週間分記入してください。(最悪、会社でやった時間は省いても構いません。)

 

書き出すことで自分の時間の使い方を客観的にみることができ、本当に作業時間は無いのか?無駄な時間は無いのか?といったことを判断することができます。

 

 

確かに面倒くさい作業ですが、1度書き出すと必ず作業時間がひねり出せることに気づくはずです。

 

ぜひ1度真剣に自分の1日の行動を見直してみてください。

 

 

その2:1日の作業予定を書きだす

時間の使い方が分かったら次のステップは、1日の作業予定を立てることです。

 

できれば朝一番に立てるのが望ましいです。

 

仕事が終わった後に行うべき、ネットビジネスの作業をあらかじめ決めましょう。

 

作業の進み具合が悪いといったひとの多くは、行き当たりばったりで作業をしている場合が多いです。

 

あらかじめ作業予定を立てることで、何をやるべきかが明確になりスムーズに作業を行うことができ、脱線することも防止できます。

 

 

コツは15分単位で作業を区切ることです。

 

これはアメリカ大統領のセオドアルーズベルトも実践していた方法で、1日を起床から就寝まで15分単位で作業を区切ることにより倍以上の成果をあげていたそうです。

 

 

先人の知恵や工夫を利用しない手はないですね。

 

 

その3:自分なりの目標を設定する

自分なりの目標設定とはどういうことか説明していきます。

 

いまやっている事の2倍のことを実行してみようと試みてください。

 

例えば、ブログ記事をいつも書き上げるのに2時間かかっていたとします。

 

1記事書く目標時間を1時間で書き上げるように目標設定してみましょう。

 

時間を目標に設定した場合、ストップウォッチを活用するのは有効ですね。

 

こうした目標を設定することで、アメリカの大学の研究で高い目標設定をした場合に、たいていの場合成果があがるという結果が出ています。

 

 

ある程度のプレッシャーをかけて作業をする方が、より大きな成果をあげることができまたそのほうが疲労感が少ないといったデータもあるそうです。

 

 

これは私も実際のビジネスにも取り入れておりますが、1日1タスクを目標とした場合は1タスク以上行われることはほぼないです。

 

 

ですが1日3タスクなどを目標設定すると、3タスク終わることが無かったとしても1タスク半とか2タスク終わっていることが多々あります。

 

 

ぜひとも目標設定するときは、少し高めに設定することをおススメします。

 

 

その4:細かな時間を1分単位で活用する

その1で、自分の1日の行動を見つめ直してみると、数分単位のどうでもよい時間や今やらなくてもよい時間というのが見つけ出せると思います。

 

 

例えば睡眠に8時間、本業に8時間また食事や職場に行くための準備や通勤に4時間かかるとして、自由時間が4時間あると仮定します。

 

 

もしこの自由時間の4時間をただ趣味の時間に費やしていたりして、「仕事が忙しくて作業時間が取れない」と言っていたとしたら、単なるやらない理由を求めていたにすぎないことはお分かりだと思います。

 

 

また移動中の空き時間などを利用して、ブログのキーワード選定といったこともやろうと思えばできます。

 

その他にも書籍を読んだりすることも可能です。

 

こういった数分を無駄にすると、数時間分また数日分といった時間をむだに浪費してしまいます。

 

今一度作業を見直して、わずかなすきま時間も活用してぜひともあなたの望む未来を手にしてください。

 

 

 

まとめ

ネットビジネスでよく聞く「仕事が忙しくて作業時間が取れない」という問題点の解決方法を解説してきました。

 

 

作業時間は簡単には確保できないのは、お分かりいただけたかと思いますが世の中すべての人が1日24時間という事実はぜったにくつがえらないので、面倒くさくてもここは努力や工夫した人が時間の恩恵を受けることができます。

 

 

もしあなた自身が望む未来を手にするために、時間の有効活用方法というのは今一度見直されてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 





サラリーマンを辞めたいならセルフイメージを変えよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトなどのネットビジネスで起業をめざして、サラリーマンを辞めたいと思っている人はたくさんいます。

 

 

実際にネットビジネスのみで生活をできている人はそうそういないのが悲しい現実です。

世の中そんなに現実は甘くないですね。

 

ですが私は2018年12月に16年務めた現在の会社を退職をして、晴れてフリーランスの道を歩みます。

 

 

なぜ私が2017年からアフィリエイトというネットビジネスを始めて、1年ちょっとでサラリーマンを辞められるようになれたのか?という話をさせていただきます。

 

 

いろいろな理由をあげればキリが無いのですが、まずネットビジネスを本気で始めた頃ににやったことがものすごくシンプルでセルフイメージを変えただけです。

 

 

 

「おいおいそんなことでサラリーマン辞められるなら苦労はしないよ」とツッコミが入りそうですが、まぎれもない事実なのです。

 

 

私のような中年以上の世代はとくに日本の教育に深くかかわってきているある洗脳により、日本人のほとんどがサラリーマンになるように仕向けられているのです。

 

 

高校や大学などの教育過程が終了した後は、勝手にサラリーマンになるようなセルフイメージを幼少のころから自然に植え付けられてしまっているので、このセルフイメージを書き換えないと一生サラリーマン人生で終わってしまいます。

 

 

もちろん日本のように豊かな国では、一生サラリーマンで終えるのも別に悪いとは思いませんし、完全に否定するつもりもありません。

 

 

ですが、職場で強いストレスを受けていたり生活ギリギリの給料しかもらえていない・・・といった精神や肉体的に支障をきたすのであれば話は別ですね。

 

 

今日は私と同じようにサラリーマンを辞めたい!と心の底から思っているあなたのために、上手にセルフイメージと付き合い自分の理想の人生になれるような方法を解説していきますので最後までお付き合いください。

 

 

 

セルフイメージとは?

 

セルフイメージとは簡単にいいますと「自分はこんな感じの人間だ」といったような、自分が思っている自分の人物像であったりあるいは単純に自分自身が思い込んでいるイメージと思ってください。

 

 

このセルフイメージというのは、小さいころからの自分に対する周囲の反応や言われた言葉、過去の経験といったもので徐々に形成されていきます。

 

 

数々の失敗や成功をもとに自分に対する見方や思い込みが、イメージとして形成されていき自分にとってそれが「真実」に置き換わっていきます。

 

 

そうして、本当に自分はこういった人間なんだと疑うこともなく、まったくそのとおりに振る舞いだすようになっていくのです。

 

 

 

一度セルフイメージに支配されてしまうと、努力しようが何をしようがイメージ通りの振る舞いしかできなくなり、意思の力で変えようと思ってもうまくいきません。

 

 

 

その状態から脱出するためには再度「セルフイメージの再構築」が必要になってきます。

 

 

セルフイメージというのは、自分自身の人格や環境を形成してしまう基礎となり、いろいろな経験が裏付けとなり固まっていきます。

 

 

もちろん良いイメージや悪いイメージも全てです。

 

 

例をあげると、中学生のころになると親や学校の先生からこんなことを言われます。

「ちゃんと勉強しないと良い大学に入れないし、良い会社に就職できないぞ」なんて・・・

 

これはもう今考えると悪魔のささやきにしか思えません。

完全にサラリーマンになれと言わんばかりのある種の洗脳と言っていいと思います(笑)

 

 

高校に入っても「進学か就職の話」大学に入ると「就職の話」こうして、年齢を重ねるにつれていつの間にかサラリーマンになる道を選択するしかなくなっているのです。

 

 

ですが幼少のころからセルフイメージを保って成功しているスポーツ選手もいます。

2018年ワールドカップにも出場した本田圭佑選手の場合は小学生の卒業文集にこう書いていたそうです。

「ワールドカップ出場、セリエAに入団、背番号10番のレギュラーになる」

 

本田選手の文集は↓

アットトリップ

 

 

見事に全て実現していますね。

 

末恐ろしい小学生です。

このようにセルフイメージを強く維持することで、なりたい自分になれると証明しています。

 

 

まとめますと、セルフイメージはあなたの感情や行動、態度やスキルまたは進むべき職業でさえも変える力を持っているいうことを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

セルフイメージを変えると状況の変化が起きる

ほとんどの人が現在の自分の状況を変えることは、ものすごく難しいと思っています。

 

理由としては、変えようとする努力を自分の内面ではなく、外部の問題に向けているからです。

 

これはどういうことかと言いますと、例をあげてみますが私は元々文章を書くのが苦手でした。

学生のころから読書感想文で他の友人が褒められたりしているのを見たことがありますが、自分は一度も褒められたことがありませんでした。

 

 

 

また国語の成績も5は取ったことがなく、良くて3でした(笑)

 

つまり、自分の中で文章を書くのが苦手・・・というセルフイメージをしていたのです。

 

そんなイメージの中で文章を書くのはものすごく辛い作業だったのを覚えています。

 

そして一つだけ考え方を変えました。

読書感想文とブログ記事を書くことはまったく別

国語の成績が悪いこととブログ記事を書くことはまったく別

 

この2つを意識したら、あっさり文章が書けないトラウマを克服していました。

 

 

もう1つネットビジネスあるあるの例を紹介します。

 

よくパソコン操作が苦手な人が、「私パソコンが苦手だからネットビジネスは無理・・・」

これもある種のセルフイメージを勝手にマイナスに働かせているがゆえに、作業ができないパターンです。

 

そもそもパソコンが苦手・・・ということを理解するのが難しいです(^_^;)

 

私の場合ソフトウエア開発系なので、自作でパソコンを1から作れとなると一度も組んだことが無いのでパソコン自体を1から作るのは苦手というのが答えになります。

 

 

「パソコンが苦手」と「パソコンを1から作るのが苦手」という言い方だけでも、セルフイメージが異なります。

前者はパソコンの全てが苦手な意味に取れますが、後者は1からパソコンを組むのが苦手(電気屋で買えば解消ですね)なので、まったく意味合いが異なります。

 

 

まとめますと、2つの例で説明したとおりものごとの全体のたった1つを苦手と思うだけで、全てマイナスのセルフイメージをもってしまいあたかもそれができないようにほとんどの人は思いがちです。

 

 

ですが問題をよく掘り下げてみると、ほんのささいなことで「今までできていなかった」ということが分かっていただけたかと思います。

 

 

セルフイメージを自分自身で変えてあげることでほとんどの状況は好転するようになります。

 

 

 

 

 

自分がなりたいセルフイメージをもつ

ここまでで、セルフイメージのすごさや恐ろしさというのは、大分理解されたかと思います。

 

では実際にサラリーマンを辞めるためには、どうすればよいか具体的な方法を解説していきます。

毎週日曜日になると、月曜日がゆううつになるサラリーマンの方も多いのではないでしょうか?

まず理由の一つに

・満員電車に乗っている姿を想像して心がげんなりする。

・やるべき仕事が分かっているので、月曜日からの仕事をしている自分が想像できる

などなど

 

この記事の「セルフイメージとは?」で説明しましたが、こういったことを想像しているかぎり一生サラリーマンから抜け出せません。

 

 

セルフイメージというのは強烈思ったことが現実になってしまうので、まずは満員電車に乗っているまた、会社で働いている自分を想像するのを辞めてください。

 

 

私の場合ですが、少し順序が逆になりましたが2017年の9月に「会社を辞める」宣言を上司にしました。

これは、退路を断つためです。

 

 

その後2019年1月1日からの自分の自由なライフスタイルを過ごしている自分のセルフイメージを行うようになりました。

 

 

どんなセルフイメージをしたかを書くととんでもなく長くなるので、ほんの少しだけ紹介します。

・毎朝娘を幼稚園に送った直後に、近所のスポーツジムで汗を流す

・家に帰りメールチェックをし、返信があれば返信などをする

・サイトの更新(外注)、ブログ更新(自分自身)をする

こんな感じで具体的なことがたくさんノートに書いていて、毎日読んでテンションあげてます(笑)

 

最初の頃は、心の奥底で自分で自分に「頭おかしいのでは?」と思いましたが、これが慣れてくると疑う自分が居なくなっていました。

 

 

 

実際に「コンサルティングサービスを始める(もうちょっと具体的に書いていますが)」というセルフイメージを持ったら、実際に私は費用をいただいて今現在コンサルティングサービスを行っています。

 

 

 

もしサラリーマンを辞めたいのであれば、まず最初にやることは「サラリーマンをやっていない自分を想像」しないとサラリーマンは辞められません。

 

 

 

是非、今の現状を本気で変えたいと思うのであれば真剣にセルフイメージを良い方向に変えてみてください。

 

 

 

まとめ

セルフイメージの凄さを理解または、そんなことでサラリーマンが辞められるか!といった賛否両論あると思います。

 

 

私も昔なら「そんなことでサラリーマンが辞められるかよ」なんて毒づいたと思います(笑)

 

 

ですが、実際に私がセルフイメージに近づいてしまっているというか、達成していることもあるので今でもセルフイメージをどんどん膨らませて、少しづつ増やしています。

 

 

 

もし本気でサラリーマンを辞めたいと思っているのであれば、セルフイメージを変える行動はお金なんかは一切かからないので是非試してみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 

 

 





ようこそいらっしゃいました。

副業でネットビジネスをやっています。ブログ×メルマガ
アフィリエイトをやっています。初心者アフィリエイターさんや現在の給料に満足できない人々を応援します。
詳しいプロフィールはコチラ

押していただけると嬉しいッス

カテゴリー

アーカイブ