人気ブログになるためにユーザー目線を意識した記事の書き方3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

ブログを運営するからには、やはり誰しもが「アクセスをたくさん集めたい」と思うのは当然です。

 

インターネット上にブログを開設する人のほとんどが、口には出しませんが「ブログで収益化したい」と心の奥底では思っているはず。

 

 

ですがきっちり収益化するためには、検索エンジンで上位表示されアクセスの集まる人気ブログとなる必要があります。

 

 

芸能人と違って私のような一般人は、ただの日記を書くだけではアクセスなど集まりません。

検索ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供し、検索からブログにアクセスを呼び込むしかないんです。

 

 

今から楽天やアマゾンのような大企業の社長になれ!何て言われたら残り人生のすべてをささげても無理な気はしますが、自分の運営するブログを人気ブログに育て上げ「とある1記事が検索表示1位を取る」といった目標なら達成できます。

 

 

多くの人は毎日ブログ更新をしているのに、「なかなかアクセスが集まらない・・・」といった悩みを抱えているブロガーさんも多いと思います。

 

今回紹介する内容を実践してもらえれば、ブログ初心者さんであっても必ずアクセスを集められる記事を書くことができ、人気ブログへの仲間入りできます。

やはりポイントは「ユーザー目線」を意識して記事を書くことがポイントになります。

 

 

アクセスを集めるために必要な記事の書き方を3つ解説していきますので、上位表示1位を目指してがんばりましょう。

 

 

 

前回までの記事も併せて読みすすめて意識して実践してもらえれば、よりブログが成長していくと思いますので参考にどうぞ。

 

ブログ初心者でもアクセスを集めるためのSEOに強い記事の書き方のコツ

ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイント

 

 

では一つづつ解説していきます。

 

 

その1:検索ユーザーの悩みを解決できる

人気ブログになるための2つ目の記事の書き方になります。

 

まず意識しなければならないのですが、検索ユーザーが抱える悩みを解決する「答え」が分かりやすく説明されている必要があります。

ユーザーが知りたい情報を、ブログ記事にして提供することです。

 

こうしてあなたの記事に価値が生まれます。

 

例えば「新宿駅に行きたい」といったときに、地図が出てきて電車で〇〇駅から乗って何分で到着するといった情報がでてくれば悩みは解決できます。

 

 

 

また「かっこよくなりたい」といった検索ユーザーに対して書く記事は「今流行の髪型」とか「おススメの服装」などを提案してあげるとよいでしょう。

 

 

 

今の世の中、分からないことや悩み事は、インターネットですぐに検索します。

 

そのため、検索ユーザーが抱えている悩みを解決する回答を用意しておくことで、検索されるようになるのです。

ユーザーの答えに対する記事を増やしていくことで、ブログへのアクセスはどんどん増えていきます。

 

やるべきことは、ユーザーに検索される記事を書いていき、増やすだけです。

 

 

 

その2:ユーザーの潜在的欲求が満たされる

人気ブログになるための2つ目の記事の書き方になります。

 

ブログへのアクセスアップのためには、ユーザーの潜在的欲求が満たされる記事を書いていくことが必要になります。

 

 

記事を書くときにただ単に表面的な答えを提示するだけでは、あまり意味がありません。

検索ユーザーの求めている答えと、あなたが書いた記事にギャップが生じるからです。

 

たとえば「おすすめエステ」というキーワードで検索するユーザーに対して、ほとんどの人は「エステ店の紹介」だけを記事にするでしょう。

 

 

 

ですが実際に検索しているユーザーは、きっとこんな潜在的欲求を持っています。

 

・好きな人を振り向かせたい

・きれいになって今までのモテなかった人生とおさらばしたい

・素敵な洋服が似合うようになりたい

 

このように隠れた潜在的欲求を満たすような記事を書いてあげる必要があります。

 

検索ユーザーは悩みを解決したりするため、また願望を実現するためにインターネットからさまざまなサイトを検索しているのです。

ユーザーに対して表面的な方法だけでなく、この潜在的欲求を満たすことにより「そうそうこの情報が知りたかった!」というふうに満足してもらえるのです。

 

 

 

その3:200%のクオリティを目指す

最後になりますが人気ブログになるための記事の書き方です。

 

インターネット上には数えきれないほどの、ブログやサイトがあります。

その中で読まれている記事がごくわずかなのはご存じでしょうか。

 

Googleに認識のされている記事で読まれているのはわずか4%にすぎないのです。

残りの96%は誰の目にもふれずにインターネット上に存在するのみです。

本気でアクセスを集めてユーザーの目に触れてもらいたいと思うなら、4%の中に入らなくてはなりません。

 

そのために、ただ単純にブログ記事を書くだけではダメなんですね。

同じキーワードを狙ってブログ記事を更新している人はたくさんいるため、その中に埋もれてしまうのです。

 

このようにせっかく書いた記事を日の目にあてるためには、1つ1つの記事に対して一球入魂!200%以上のクオリティを目指す必要があるのです。

 

 

100%を目指した記事では、100%に到達しません。

 

ブログ記事を書くなら200%を目指すくらいでないと、100%の記事には到底とどきません。

 

時間と労力を無駄にしたくないのであれば、検索結果で1番を目指し記事を書くように心がけましょう。

物事なんでもそうですが、1番を目指さないと1番はとれません。

 

「気づいたら1番になっていたよ」なんていうことは、基本的にありえません。

 

 

 

人気ブログになるためのまとめ

人気ブログになってアクセスをたくさん集める・・・そんなに甘いものではないですね(笑)

 

もし本気でブログで検索結果1位を目指して、たくさんのアクセスが流れてきて人気ブログになりたいのであればやはりそれ相応の努力が必要ですね。

 

 

その本質はやはりどこまでいっても「ユーザー目線」を意識して記事を書かないと、情表示はおろか人気ブログにはなれずブログで収益化など遠のいていきます。

 

インターネット上に限らず、すべてのビジネスの基本は「お客様を満足させること」のみです。

近道はありません。

 

ですが、何よりひとから感謝されるというのは何事にもかえられない達成感と喜びがあります。

 

是非ブログ運営している人は、この記事を参考に検索ユーザーの役に立つ記事を量産していきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 

 





ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

ブログを運営している人であれば、ブログへ効率よくアクセスアップをさせるためにはどうしたらよいのだろう・・・という悩みはなくなりません。

 

ブログはいかに濃い読者が多く集まるかによって収益が大きくかわってきますので、「俺はブログで財産を築いてやる!」なんて思っている人はブログにアクセスアップするためには?という問題にいま一度、真剣に取り組んでみるとじわじわとアクセスアップされるブログになってきますので、私と一緒にブログについて勉強していきましょう。

 

ブログを運営している人ならば、聞いたことのあるたった3つのことを意識してブログ記事を書くだけなので取り入れてくださいね。

 

 

 

その1:キーワードに需要があるか調べる

ブログに記事がたまっていくと、いくら検索キーワードが増えるとはいっても「そもそも検索の需要がある」ということが前提となります。

 

誰の悩みや不安や疑問も無いのにいくらがんばって記事を書いたとしても、誰にも読まれることはないからです。

ブログ記事を書くうえで「検索の需要があるかどうか」というのは実は最も重要で、まずブログ記事を書き始める前にあなたが検索してほしいキーワードにどれだけの需要があるかしっかり確認しましょう。

 

では手順を解説していきますね。

 

検索エンジンでキーワードを調べる

 

 

実際にあなたの書こうとしている記事(キーワード)に需要があるか調べるには、検索エンジンで狙うキーワードを入力してみましょう。

 

例えば「アフィリエイト」について記事を書こうと思ったとき、まずはグーグルやヤフーでアフィリエイトと入力してみてください。

画像のように関連するキーワードが出てきます。

 

これは実際にユーザーが調べた検索キーワードが出てきます。

アフィリエイト関連のキーワードが何個も表示されれば、検索の需要があるということになります。

 

 

キーワードプランナーを利用する

実際にあなたが狙っているキーワードがどの程度検索されているかどうかを調べるために、Googleキーワードプランナーを活用すればどの程度検索されているのかある程度の検索ボリュームを知ることができます。

 

アフィリエイト単体ですと月間10万~100万回も検索されているので需要があるということです。

 

 

逆に全く需要のないキーワードの場合はこんな感じになります(笑)

上の画像のとおり需要がないキーワードの場合、月間平均検索ボリュームが「-」となります。

ブログ記事を書こうと思いタイトルを「俺がかっこいいと思う10の理由」なんて少し痛いタイトルで、ブログ記事を書いた場合は、一生誰にも検索されずにインターネット上に埋もれることになってしまいます。

 

無料ブログでファンがいたり、SNSなどで告知すれば記事は読まれるかもしれませんが、検索エンジンから検索される確率は安定の0%です。

 

 

キーワード需要まとめ

最低限自分が書こうと思っている記事が検索されているかどうか確認するのは必須事項です。

手順としては

①検索エンジンでキーワードを入力

②キーワードプランナーで実際の検索ボリュームを調べる

記事を書く前には最低限①②はやっておくべきでしょう。

 

需要がないキーワードで記事を書くほど時間のムダなことは無いので。

アクセスを集められるようなブログを運営したいのであれば、キーワードに需要があるかどうが調べてから記事を書き始めるように心がけましょう。

 

実際にブログを運営している人でアクセスが集まらない人の多くは、需要のないキーワードを選定して需要のない記事ばかり書いて結果として誰にも検索されない記事を書いている場合があります。

 

 

その2:1記事に対して1キーワードであること

ブログ記事を書く上で、「1記事1キーワード」になっているか?ということも大切になります。

具体的なコツとしては、記事タイトルに上位表示を狙っているキーワードを含めます。

 

例えば「アフィリエイト 稼ぐ」というキーワードで検索エンジンで上位表示を狙うとします。

 

その場合は以下のように記事タイトルを設定する必要があります。

 

〇アフィリエイトで失敗せずに稼ぐ方法BEST3を紹介!

〇アフィリエイトで稼ぐための成功者マインドを身につける方法とは?

〇アフィリエイトで月100万円稼ぐための唯一の方法はメルマガ配信!

 

上記はあくまで例ですが、「あなたが検索してほしいキーワード」を決めてタイトルに含める必要があります。

キーワードを意識しなければ、狙ったキーワードで検索されないからです。

 

また1つの記事に対して設定するキーワードは1つだけです。

なぜなら「アフィリエイト 稼ぐ」と「アフィリエイト 始め方」ではユーザーが知りたい情報が違うからです。

 

「アフィリエイト 稼ぐ」であればアフィリエイトで稼ぐ具体的なやり方を知りたい人が、検索します。

一方で「アフィリエイト 始め方」であれば、まだアフィリエイトの知識があまりなく「どうやったら始めることができるのか?」といったアフィリエイトの基礎的な知識を求めている人が対象になってきます。

 

見て分かる通りキーワードによって、求める内容が違ってきますのでキーワードに関連する内容が記事に入っていないとユーザーはがっかりしてしまいます。

またすぐにあなたのブログから居なくなってしまうでしょう。

 

もし仮に複数の情報を一緒のブログ記事にしてしまった場合には、ユーザーからすると違和感や見づらいと感じてしまうでしょう。

ユーザー目線で考えた場合は一つのキーワードで1記事づつ作成したほうが、結果的にユーザーの求めている答えが分かりやすくなります。

 

必ず記事を書く際には、欲張らないで1記事1キーワードを意識するようにしていきましょう。

 

 

 

その3:潜在的欲求を満たす記事を書くように心がける

3つ目は少し難しいのですが、人気ブログというのはよく読んでみるとこの「潜在的欲求」を満たす記事を書いているんですね。

ちなみに潜在的欲求とは分かりやすく言うと「無意識レベルで求めているモノ(コト)」を指します。

 

反対に「アレが欲しい」「コレがしたい」といったはっきりとした欲求を「顕在的(けんざいてき)欲求」と言います。

 

〇顕在的欲求:はっきりと言葉にできる

〇潜在的欲求:「こんな情報はないのかな?・・・」といったように、言葉にできないどこかモヤっとした欲求

 

たとえば「コーラが飲みたい」と言う人の場合は、言葉の裏には「のどが渇いている」といった潜在的欲求があるのです。

また「痩せたい」というキーワードの潜在的欲求は「異性からモテたい」とか「健康になりたい」などの潜在的欲求が考えられます。

 

上の例でコーラを安く買う方法とか痩せる方法を書いたとしても、心にあまり響かない記事となってしまいます。

なぜなら私も含めて検索しているユーザーは自分が求めている情報が一体何なのか把握していないから・・・というのが答えです。

 

ユーザーが言葉にできる顕在的欲求と言うのはたった5%に過ぎないのです。

参考記事:消費者が語ってくれない「真実の95%」:ユーザー中心発想でコンテンツマーケティングを成功に導くヒケツ

 

「コーラが飲みたい」や「痩せたい」といった言葉の表面だけを見るのではなくて、潜在的欲求をみたしてあげる記事を書くことであなたのブログに訪問してくれた人の満足度を高めることになります。

 

記事を書くときは「ユーザーがなぜそのキーワードで検索しているのか?」といったキーワードの裏の検索意図を考えるようにして、潜在的欲求を満たすような記事を書くことを心がけてあげることが、質の高いコンテンツとなり結果アクセスアップにつながることになります。

 

 

ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイントまとめ

今や検索エンジンで自分の書いた記事が小手先のテクニックで上位表示が難しいのは、ブロガーであれば誰しも知っていることです。

 

ですが、逆に言えば私のようなブログ後発組にとっても大きなチャンスなのです。

今まで外部リンクたっぷりで内容の薄いサイトが上位表示されていたのは、昔の話です。

 

しっかりとした検索ユーザー目線の記事をしっかりと書くことで、上位表示がされるようになるのです。

 

確かに1記事にかかる時間が多くなったりすることもあるでしょうが、書き上げた記事というのは一生の財産となり何より人の役に立てる立派なコンテンツとなります。

そう考えたら、手間暇かけて1記事書くのも悪いことではないですね(*^_^*)

 

 

本日紹介しました3つのポイントのうち、その3「潜在的欲求を満たす記事を書くように心がける」というのはいきなり完璧にしようとすると、手が進まなくなるのでまず初めに意識して書くといったレベルから始めていくといいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





ブログ初心者でもアクセスを集めるためのSEOに強い記事の書き方のコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ初心者でもアクセスをしっかり集めるためには、SEOを意識してしっかりと記事を書いていかないと検索エンジンからあなたの記事が埋もれてしまいます。

 

ブログを始めたばかりの初心者にとっては、どのように記事を書いていけばよいか分からないと思います。

 

ですがブログ始めたばかりの頃からSEOやコピーライティングといった、テクニックを意識しすぎてしまうと手が止まってしまい1記事書き終わるのに数時間かかってしまったりして、ブログ記事を書くのがつまらないとか苦痛に感じてしまうのは、非常にもったいないです。

 

これからブログで情報発信をおこなってアクセスを集めて、ブログで収益をあげようと思っている人はSEOに強い記事の書き方を学んでしっかりと自分のブログにアクセスが集まるように始めの頃から、最低限アクセスを集めるためのブログ記事の書き方のコツを学んでください。

 

 

 

アクセスを集めるためのブログ記事の書き方とは

 

アクセスを集めるためのブログ記事の書き方とは、いったいどうすればよいのか?ブログ初心者の方にとっては大きな悩みの一つではないでしょうか。

 

ブログを始める人たちの多くは、ブログからの収益を目指していると思います。

 

情報発信ブログで「とりあえずブログ記事を書いてみよう」といったことは、私の経験上おすすめしませんし全く意味がありません。

何故なら検索ユーザーが「この記事ためになった」と感じなければ、検索結果の上位表示はおろか記事を読まれることすらないからです。

 

私自身が「とりあえずブログ記事を書いてみよう」みたいな感覚でブログを始めた結果、過去に書いた記事を大量に直すハメになったり直帰率の高い質の悪い記事になっていた経験があるので、せっかくこのブログに訪れたあなたには、私と同じ過ちをおかしてほしくないと思たしだいです。

 

では早速ブログ初心者がまず心がけるべき記事の書き方のコツを解説していきます。

ほんの少し意識をすればSEOに強い記事が書けるようになりますので安心して最後まで読んでみてください。

 

 

検索ユーザーに価値を与える記事を提供する

 

 

もしかしたらいきなり、「検索ユーザーに価値を与える記事ってなんだよ!」とハードルがあがり、モチベーションが下がった人もいるかもしれません(笑)

 

難しいことは書かないので大丈夫!ご安心ください。

 

そもそも論で話を進めますと、まず検索ユーザーは何でインターネットで物事を検索するか考えてみましょう。

ユーザーはそもそも「不安」「悩み」「疑問」をグーグルやヤフーで調べて、それらを解決したいがために検索します。

 

あなたも実際にちょっとした調べものをするときは、必ずと言っていいほどインターネットを利用しているかと思います。

 

そして訪れたブログやサイトにあなたが探していた答えがなかった場合は、タブを閉じるか戻るボタンを押しますよね?

サイトの良し悪しを一瞬で判断できて、ユーザーにとっては使い勝手が非常によい証拠と言えるでしょう。

 

なので「アクセスを集めたい」「お金を稼ぎたい」といった理由でブログを運営しているのであれば、検索ユーザーに対して価値ある記事を提供することだけを意識すればよいのです。

 

価値ある記事を提供することに力を注げば、ユーザーから支持されたりあなたのファンとなりアクセスが集まるようになってきます。

 

つまり価値ある記事を書くことに徹底すればよいのです。

ここでいう「価値ある記事」というのは、ユーザーが抱えている悩みに対する「答え」となります。

 

では実際にアクセスを集めるための3つのポイントを押さえておきましょう。

 

 

1:人はなぜ検索するのかを知る

まずは人はなぜ検索するのかといった根本を知る必要があります。検索する理由が分からないと、自分本位の記事しか書くことができないので結果としてアクセスが集まらないといったことになってしまうからです。

 

ユーザーはわざわざ自分の貴重な時間をつかって検索している理由は、これまで言っているとおり、「悩みの解決策を知りたいから」です。

私やあなたも含めてユーザーは日々「悩みを解決する手段として検索をしている」ということを頭に入れておきましょう。

 

 

2:日記を書くのはNG

多くの人が勘違いしているのですが、ブログ=日記ではないということです。ブログにあなたのプライベートな日記などは原則必要ないです。検索ユーザーはあなたの日々の日記などには一切興味がないからです。

 

芸能人や著名人ならまだしも、私も含めた一般人の私生活をインターネット上に公開したところで、ほとんど価値を与えることは難しいからです。

たとえば「きょうはビュッフェで豪華なランチをしちゃいました~」なんてことを書いたとしても、残念ながらあなたに興味がないので意味がありません。

 

よくても家族、友人、会社の同僚くらいですね。

 

あなたのことを知らないユーザーが日記を読んだところで、どのような価値を提供することができるのでしょうか。

 

もしかしたら勘違いをしているかもしれませんが、既にユーザーから興味を持たれていると勘違いをしているといったことが考えられます。

残念ながら考え方が真逆で、ブログはの役目としてはあなたのことを知らない読者に「興味を持ってもらうこと」なんですね。

 

そのためには認知してもらう必要があり、価値のある記事を書いてアクセスを集めるのが本質です。

 

だからこそブログ初心者の人は、ユーザーに検索してもらうために価値ある記事を書く事だけに最初のころは専念していきましょう。

 

 

 

3:ユーザーに価値を提供する記事の書き方最低条件

ユーザーに価値を提供する記事の書き方にも最低条件はあります。

では早速確認してみましょう。

 

基本構成としては、一つの記事にたいして「タイトル」「書き出し」「本文」の3つの構成に分けることができます。

 

各パーツにはそれぞれ役割があり、一つ一つの記事を意識して書くことで、ユーザーにとって価値ある記事に仕上がってきます。

 

タイトル

〇狙うキーワードをしっかりと入れる

〇タイトルを見ただけで記事の中身と読み終わった後のベネフィット(得られる利益)が明確化されている

〇数字などが入っていて具体的な表現になっている

 

書き出し

〇ユーザーの悩みが明確になっている

〇悩みの解決策が提示されている

〇根拠を示している

〇共感できる内容になっている

〇本文まで読みたくなるほどのベネフィットをきちんと伝えている

 

本文

〇内容が薄っぺらではなく、ユーザーの必要性や要求を満たしている

〇他のサイトを見なくても、自分の記事だけで理解できる

〇結論を先に伝えている

〇結論の後に理由を説明している

〇具体例をあげて説明している

〇専門用語を使わずに中学生レベルの言葉で表現している

〇画像などを入れて分かりやすくなっている

〇ベネフィットが分かりやすくなっている

 

これらのことを意識して記事を書くことができれば、ユーザーの満足度は高くなり自然とアクセスアップにつながります。

 

 

 

ブログ初心者がアクセスを集めるためのSEOに強くなる記事の書き方まとめ

ブログ初心者がアクセスを集めるためのSEOに強くなる記事の書き方について説明してきました。難しいと感じたでしょうか?確かに最初の頃は難しく感じるかもしれませんがいきなり最初から100点満点などは無理です(T_T)

 

大事なのは意識して書くことに意味があり記事を書いていくうちに、きっと価値あるブログ書き方のコツを覚えてユーザーの答えが見つかる価値あるコンテンツに仕上がってくるに違いありません。

 

最近のSEO対策としては小手先のテクニックは通用しずらくなっていますので、しっかりと一つ一つの記事を、ユーザーの目線で書いていくのが近道です。

そういった努力の積み重ねが、結果的にアクセスが大きくなるブログとなっていきます。

 

SEOの評価としてグーグルはブログの滞在時間も重視しています。

 

滞在時間の短いブログというのは、ユーザーの答えがないから、セッション後にすぐ離脱・・・

滞在時間の長いブログというのは、ユーザーの答えがあるからきちんと読まれる・・・すなわち読者がそのブログに長く滞在。

きちんとユーザー目線で書いた記事は必然と評価されて上位表示されるのです。

 

難しいSEO対策というかテクニックは、ブログ初心者のうちは気にしないでください。

ブログ記事を書くうえで気にすることは「ユーザーに価値ある記事を提供する」これだけで十分です。

 

ブログ後発組であってもしっかりとした記事を書くように心がけさえすれば、数あるブログの中からきちんとあなたのブログが上位表示されるようになります。

 

 

ぜひ面倒くさがらずに、ユーザーのことを意識して記事を書いてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 

 

 





コピーライティングを実践してみよう:新PASONAの法則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コピーライティングと言っても実際にどのように文章を書けばよいのか

といまいちピンと来ないかと思います。

 

前回の記事はコチラ

ネットビジネスで成功するためにコピーライティングを学ぼう

 

 

今回はコピーライティングの文章構成はどのように成り立っているのか?

ということを実際に有名な『新PASONAの法則』という広告文の型が

あるので、実例を交えながら文章構成をみていきましょう。

 

 

きっと『新PASONAの法則』を覚えてコピーライティングを

取り入れた文章を書けば、アフィリエイトの成約率アップがアップし

幸せな未来がやってきます(笑)

 

では早速本題に入っていきます。

 

 

コピーライティングの文章構成例

コピーライティングの文章構成として、何かテンプレートみたいな

型がないと実際にどのように文章を書いてよいか分からないと

思いますので、今回は新PASONAの法則を紹介します。

 

 

 

新・PASONAの法則とは?

新PASONAの法則とは、

日本を代表するマーケターと言われている神田昌典さんという方が

提唱されている売れる広告文の方程式です。

 

 

Problem(問題)
Affinity(親近感)
Solution(解決策)
Offer(提案)
Narrowing Down(絞り込み)
Action(行動)

あたまの文字を取って『PASONA』の法則と呼びます。

 

なぜとついているかと言いますと、神田さんはその昔

『PASNA』の法則という方程式を提唱されていました。

 

こちらが旧PASNAの法則です。

Problem(問題)
Agitation(煽り立て)
SOlution(解決策)
Narrow down(絞り込み)
Action(行動)

あたまの文字を取って『PASNA』ですね。

大きな違いは②です。

※あと旧PASNAには『Offer』がありません。

 

神田さんによると旧PASNAの法則で、この②を強調して

読み手の不安を必要以上に煽り、心ないコピーが

世に出ている状況が嫌だったみたいですね。

 

なのでここ最近で新PASONAの法則ができたようです。

参考図書:稼ぐ言葉の法則

 

いろんなLPやセールスレターが出ていますが

だいたいが新PASONAの法則をもとに構成されています。

 

では例文を交えながら具体的な説明を

していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずターゲットを

『20代の彼女がいない、ちょっぴり奥手なふくよか男子』にしてみます。

私はダイエットサプリを紹介するセールスレターを、コピーライティングを

駆使して書いてみます。

 

①Problem(問題)

『生まれてこの方ずっとポッチャリというだけで、

好きな人に告白をできなかった経験ありませんか?』

※相手が抱えている問題や欲求を明確にしてあげます。

 

 

②Affinity(親近感)

『私は少し前までクリスマスなどのイベントが

あまり好きではありませんでした。だってその日は

街中がカップルで溢れていたから・・・』

※そして、悩みの共感や親近感を共有し相手の立場に寄り添ってあげます。

 

 

③Slution(解決策)

『今まで何十回とダイエットにチャレンジして1度も成功できなかった

私が、たった3か月で10キロ痩せてしまったのです。』

※解決できる根拠としてその解決策を提示してあげます。

 

 

④Offer(提案)

『それが、このサプリメントを3か月間食事の前に一粒

飲むだけで後は何もしませんでした。』

※そして具体的な内容を提案してあげ

 

 

⑤Narrowing Down(絞込み)

『今なら初回購入者には、本来3000円のところ1000円で

購入できしかも送料まで無料です。』

※提案を受け入れるために必要な条件を挙げます。

 

 

⑥Action(行動)

『ただし初回購入割引と送料無料キャンペーンは

あと2日間で終了してしまいますので、どうぞお早めに』

※今すぐ行動しなければならない理由を説明して、

行動の後押しをしてあげます。

 

 

※ダイエットサプリはあくまでフィクションで

私の妄想商品です(´・ω・`)

 

 

コピーライティング力をアップさせるには?

コピーライティング力をアップさせるために2種類の方法を伝授!

 

誰でもコピーライティング力がアップする楽しい方法と

人によっては苦しいと思う方法を説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①PASONAの法則にあてはめる

大喜利感覚で、自分でお題を出して『PASONA』の法則にあてはめて

文章を作成してみましょう。こちらは結構楽しく取り組めますので

ぜひチャレンジしてみてください。

 

②写経

こちらはひたすらコピーライティングを発揮している文章を

パソコンのメモ帳にただただタイピングします。

 

 

あなたが惹かれた文章や実際に見たLPなどで

実際に商品を買ったLPや、今購読しているメルマガの

内容でも何でも構わないです。

 

 

何も思い浮かばない人は、こちらを参考に写経して下さい。

私が実際に興味を引かれ、登録や購入したLPになります。

無料オファーページ(約17000文字)

WordPressテンプレート(約10000文字)

LPテンプレート(約20000文字)

 

左側にグーグルクローム(もちろん何のブラウザでも構いませんよ)、

右側にメモ帳を出しておき、ひたすら写経をしましょう。

 

 

まずは10万語を目指してください。1日でやらなくてもいいですからね(>_<)

毎日積み重ねてまず10万語打ち終わった時には、何か悟りを開いているかも?

 

 

コピーライティング実践まとめ

コピーライティング力をつけるには、インプットしてたくさんアウトプット・・・

実に地味な作業ですが、間違いなく効果がじわじわでてきますので

是非今日から実践して下さい。

 

 

後あなた自身でお題目を出して

『ターゲット設定』⇒『商品設定』⇒『PASONAの法則』にあてはめる。

 

な~んてことを通勤時間やお風呂に入った時間等で

やるだけでトレーニングにもなります(*^_^*)

 

また毎日タイピングをすることで

1分あたりの入力文字も着実に多くなっていき、

タイピングスピードがあがります。

 

 

ネットビジネスでは読者と直接話す機会ほとんどないので、

仕事内容的に『文章を書く』ということが多くなりますので

早く正確に文章を書くために、写経はがんばりましょう(^v^)

 

せっかくあなたの素晴らしい商品やコンテンツを読者に

伝えるのに、勉強や写経なんて全く苦になりませんよね?

 

 

また今回は新PASONAの法則を一つの型として紹介しました。

私もいろんな書籍や教材でコピーライティングは勉強していますが

実に奥が深いです・・・

 

今後もコピーライティングについては、実際に学んだ情報を

提供させていただきますね(*^_^*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 





ネットビジネスで成功するためにコピーライティングを学ぼう

 

 

 

 

 

 

 

前回ネットビジネスを行ううえで、コピーライティングの必要性の

話をさせていただきました。

※コピーライティングの必要性についてはコチラ

 

今回はコピーライティングについての重要性と

文章を書くための事前準備について説明しますね。

 

 

 

コピーライティングの重要性について

前回のコピーライティング記事で必要性をお話ししました。

読者を魅了させる、読者の行動を促す・・・といった内容でした。

※前回のコピーライティング記事についてはコチラ

 

今回は具体的にその重要性について説明します。

インターネットの売り上げの公式

アクセス① × 成約率② × 単価③ = 売上④

となります。

 

突然ですがここで問題です。

コピーライティングって①~④のどこに影響してくると思います?

考え中

考え中

 

 

 

 

 

 

そうです。に影響します。

 

それではコピーライティングの重要性に迫りたいと思います。

 

Aさん:読者が1000人います

ちなみにAさんはコピーライティングを知りません。

 

Bさん:読者が100人います。

ちなみにBさんはコピーライティングの達人です。

 

一般的に100人に1人の成約率すなわち1%あれば

合格と言われています。

 

そこで

AさんとBさんが同じ商品をメルマガで販売したとします。

Aさんは1000人の1%なので、10人の成約数となります。

 

ちなみにBさんは、コピーライティングの達人なので

成約率10%ととします。

※少し無理やり感はありますが、実際にトップアフィリエイターさんは

商品にもよりますが10%やそれを超える成約率になる場合が多々あります。

 

そうすると

Bさんは100人の10%なので、10人の成約数となります。

 

!!!

 

 

 

 

 

 

そうです。AさんとBさんは同じ成約数となります。

 

つまり読者数が少なくてもコピーライティングの力

成約率が変わり、成約数も比例して変わってしまうんです!

 

少ない数でも最大限の力をもってして

あなたの売上に大きく影響がでてきます。

 

逆もしかりで、読者数Aさんがコピーライティングを学んでいき

成約率が上がるとすごい成約数になっちゃいますね!

 

文章を書くための事前準備

 

コピーライティングのスキルをアップさせていく中で

実は多くのひとが勘違いしているのですが

文章の構成や(次の記事でお話ししますが)、

テクニカル的な部分を磨こうとしてしまいます。

 

それだと50点です。

 

大事なのは商品・ターゲット・顧客について

リサーチすることが大事です。

 

まず

〇商品

対象となる商品やサービスの専門家になりましょう。

売ろうとする商品やサービスについて学び、本質を

伝えられるだけの知識が必要になります。

 

実際にその商品やサービスを購入して使用したり

サービスを受けるのが一番良いのですが、中々難しいですよね。

なので、リサーチが大事なんです。

 

商品のカタログや既に販売しているサイトなどを調べて

しっかりあなたの中に落とし込むことが大事です。

 

実際に他の人のコピーを見るのは勉強になりますし

実際に惹かれた文章、構成などを参考に

させてもらいましょう。

 

決してそのままパクったりするのはダメですよ絶対に。

 

ターゲット

コチラもより具体的に決めておく必要があります。

 

よりターゲットが明確になればなるほど、相手の心に

突き刺さる文章が書けます。

 

・何に興味があるのか

・どんな悩みがあるのか

・現在の職業

・性別

・年齢層

・現在の収入

などあなたの中でより明確にすることにより、自然と心に突き刺さる

文章が書けるようになります。ここを意識することを心がけましょう。

 

顧客

ターゲットを決めたら、最後に顧客について考えましょう・・・

どうやって(笑)

 

では仮にあなたが太っていたとして(太っていなくても真剣に考えてくださいね)

目の前に

①どんな人でも必ず痩せ、

②栄養も何故かカロリーメイトなみ(笑)に含まれていて、

③お腹もまったく減らないと

いったとんでもないダイエットサプリがあったとします。

 

どんなふうにこの商品を紹介しましょうか?

 

恐らく①②③についてのみ、熱弁しても逆に怪しくて

買ってもらえないかもしれません。

 

そうではなく、太っている人が痩せた後にどんな未来が

待っているかを想像させてあげてください。

 

例えばターゲットを20代前半の女性に絞っていたとしたら

『今まで夢にまでみた、モデルと一緒の洋服を着せたイメージ』

『今まで大好きだった人に告白し、一緒にデートするシーン』

など・・・

 

実際に機能面と、その先の未来を想像させてあげれば

成約率は格段にあがります。

 

顧客が求めているのは、

『自分にとってどうか』という基準で考えているので

機能①②③だけではなく、その先の未来図が

必要になります。

 

今はテレビに出ていませんが

セールストークの達人のジャパネットたかたの

高田社長・・・あの方は本当にすごかったですね。

 

例えば、高田社長は、

ビデオカメラを売る時に、機能の説明から入るのではなく、

『もうすぐ運動会シーズンですが、

お子様のご活躍を、最高の形で残してあげたい。

お孫さんのご活躍を、鮮明な映像で見たい。

そんな家族思いのあなたに、ピッタリのビデオカメラがあります』

こんな感じでいきなり強烈なインパクトできちゃいます。

 

なんか運動会の光景が浮かんできますね。

そして高田社長のよく通る声と姿が脳内を占拠します(笑)

 

ターゲット設定、顧客への思いがはっきりと伝わってきますね。

・子供がいるお父さん/お母さん

・孫がいるおじいちゃん/おばあちゃん

購入した後の未来を想像させてくれてます。

 

まとめ

ネットビジネスをやっていくうえで

コピーライティングって重要だと分かってもらえたでしょうか。

 

読者が少なくとも、あなたの売り上げは成約率を高めることにより

上昇しますし、逆に読者が多くても成約率が下がり売り上げが下降

することもあります。

 

あなたにも身につけられるスキルですので、是非今日から

意識して文章を書いていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 





ようこそいらっしゃいました。

副業でネットビジネスをやっています。ブログ×メルマガ
アフィリエイトをやっています。初心者アフィリエイターさんや現在の給料に満足できない人々を応援します。
詳しいプロフィールはコチラ

押していただけると嬉しいッス

カテゴリー

アーカイブ