コンテンツスカウターZというSEO対策に便利ツールの機能を紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツスカウターZというSEO対策に便利なツールをご存知ですか?

 

ブログ運営を行い、そこから収益をあげたいと思っている人にとっては非常にSEO対策に役立つ便利なツールです。

 

 

 

コンテンツスカウターZの詳細はコチラ

 

特にグーグルアドセンスを軸にブログの収益化をしている人にとっては、大変重宝します。

 

どれくらい便利なのか?この記事で紹介していきますので、自分のブログやサイト作成を行う際に

 

①ライバルが弱くて、収益性が高い、お宝キーワードを見つけたい!

②自分の記事を上位表示させたい!

③ライバルサイトのチェックの作業時間を短縮したい!

 

そんな願望をお持ちのあなたにとって非常に活用できるコンテンツスカウターZの機能を説明していきます。

 

 

機能1:お宝キーワードが見つかるキーワード解析機能

 

コンテンツスカウターZでは、ライバルサイトのSEOの情報を8つの方法で解析することで、集客につながるお宝キーワードを探すことが出来ます。

最新のコンテンツSEOに合わせて、検索数、文字数、単語数、SNSの拡散、キーワードが含まれるかなど、SEOに関する必要な情報を網羅して調べることができる機能です。

 

 

機能2:コンテンツ構成を丸裸にする「見出し解析機能」機能

上位表示しているTOP10の記事の構成を一覧で調査し、コンテンツの見出しであるHタグの構成をチェックできる機能です。

コンテンツSEOで100万PVを集める人がやっていることをわずか数クリックで再現できるます。

 

 

機能3:使っている単語(共起語)がわかる共起語解析機能

共起語とは、あるキーワードで上位表示しているコンテンツのページの中に、メインのキーワードと一緒に出てくる単語で、Googleがコンテンツの専門性・網羅性の判断の要素としていると考えられています。

 

「共起語解析機能」により、キーワード毎の共起語を出現数順に一覧で出力します。

 

また、 検索エンジンで上位表示しているサイトだけでなく、 Q&Aサイトでキーワードで検索をした時に含まれる単語(共起語)も調べることができ、TOP10の記事よりさらに検索ユーザーの知りたい記事、Googleに評価されるコンテンツを作ることができます。

 

 

機能4:アフィリエイトサイトか調査できるタグ解析機能

上位表示しているサイトのHTMLの中にどんなタグが入っているか、解析が出来る機能です。

キーワードで上位表示しているサイトが何のためのサイトで、どのようにマーケティングをやっているかを一覧で見ることが可能です。

 

 

機能5:自社サイトやライバルサイトの検索エンジンの掲載順位機能

自社サイトやライバルサイトの検索エンジンの掲載順位を調べられる機能になります。

検索エンジンの順位を調べることで、

・狙ったキーワードで何位なのか

・検索順位がどのように変化しているか

・コンテンツSEOがどのように変化しているか

 

などを分析することが出来ます。

検索順位は、コンテンツスカウターZを起動すれば毎日自動でパソコンに蓄積され、順位の推移をグラフ化できるので、検索エンジンでの変化を一目瞭然で見ることが出来ます。

 

SEOで重要な検索エンジンの順位チェックも簡単に出来るようになります。

 

自分の全てのページを登録しておけば、登録した記事の順位を毎日チェックすることができるので、順位が落ちた場合などに記事ボリュームを追加したり、修正を行いライバルサイトより上位表示されるように記事のメンテナンスが可能です。

 

コンテンツスカウターZの詳細はコチラ

 

 

 

コンテンツスカウターZのメリットデメリット

コンテンツスカウターZにも当然メリットデメリットはあります。

実際に私がコンテンツスカウターZを使用してみて、感じたメリットデメリットを参考にしてみてください。

 

 

コンテンツスカウターZのメリット

最大のメリットは、記事を書くまでにやらなくてはいけないことをコンテンツスカウターZが全てやってくれるということ。

 

ブログでマネタイズを考えている人は、アクセスを集めなくてはならないので

・キーワード選定

・ライバルチェック

これらに相当の時間を費やさなくてはなりません。

 

それがボタン一つで、キーワード選定やライバルチェックを全てやってくれるのです。

圧倒的な時間短縮

それがコンテンツスカウターZの最大のメリットだと思います。

 

また結果は全て、データ保存できるので

 

 

コンテンツスカウターZのデメリット

コンテンツスカウターZのデメリットももちろんあります。

 

使い方が慣れないと、しっかりと機能を活かせないということ。

機能が多いので、使い慣れるまでには多少の時間は必要なので、気が短い人には不向きかもしれません。

 

またキーワードの検索結果数をある程度しぼらないと、結果表示に時間がものすごくかかってしまいます。

これについては、例えば寝る前に仕込んでおけば起きたときには大量の検索結果が表示されているので、そこまでのデメリットではないかもしれません。

 

 

コンテンツスカウターZまとめ

買いかどうかといえば、私は完全に買いです。

 

もちろん人によっては合う合わないはありますので、使ってみないと何とも言えませんが高額な買い切り商品ではないので1~2カ月使用してみて、肌に合わなかったら解約すれば良いだけの話です。

 

こういったツールは日々の作業を効率化するために、一度は使用してみて自分のビジネスを有利に進めたほうが良いですね。

 

コンテンツスカウターZの詳細はコチラ

 

あなたのブログのマネタイズ化のために是非ともご活用ください。

 

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 





【2018年8月時点】Googleアドセンス審査に合格するために

 

 

 

 

 

 

 

 

Googleアドセンス審査に合格するために、インターネット上でいろんな記事があります。

ブログは30記事書かなくてはいけないとか、1日のPV数が2桁以上とか・・・

Googleアドセンス審査ってそんなに大変なのか?

 

という疑問を解消するべく興味本位で、2018年8月に自らを実験台に2018年8月にGoogleアドセンスに申請してみました。

結果はGoogleアドセンス審査に合格しちゃいました。

いろいろ審査基準とかも変わっているようですね。

2018年8月にGoogleアドセンス審査に合格した方法を紹介します。

分かりやすく実際に合格したブログもお見せます。

ちなみに審査用ブログは全くの新規で始めました。

これからGoogleアドセンス審査を行おうと思う方は是非参考にしてみてください。

 

 

アドセンス申請から合格までの期間は?

私の場合のアドセンス申請から合格までは7日間でした。

私が申請したのが2018年8月18日なので、お盆期間が影響しているものと思われます。

人によっては、1日で合格したとかいろんな情報がありましたので、私もすぐに結果がでることを期待したのですが実際には7日間かかりましたが、無事に合格することができました。

 

ゴールデンウイークや、お盆期間や年末年始には審査に時間がかかったりする場合があるそうなので、その時期は外したほうが無難かと思います。

 

ちなみに合格するとこんなメールが来ます。

 

8月24日(金)にメールが届きました♪

 

 

 

アドセンス審査に合格したブログの内容は?

ではアドセンス審査に合格したブログを見てみましょう。

実際に合格したブログがこちらになります。

合格した審査用ブログ

上記ブログは、アドセンス審査をするためだけに開設しました。

※注意
アドセンス審査は独自ドメインが必要になります!

すなわち無料ブログではアドセンス審査が受け付けてもらえません!

必ずアドセンス申請をする際には、独自ドメインを取ってください。

 

また独自ドメインでも、サブドメインで作成したブログもNGなのでご注意を。

サブドメインとは「〇〇.com/weblog」などといったドメイン(「.com」とか「.co.jp」)の後に文字が入っていると申請できないのでこちらもご注意を。

 

よくネット上でも言われているアドセンス審査に合格するブログ記事の書き方は

・文字数を多く書く必要がある
・価値のある記事が必要
・画像や動画は使用しない
・広告などは貼らない
・アドセンスポリシーに違反しない
・記事内に引用は使用しない
などなどいろんなことが、書かれています。

実際に私が、アドセンス審査に合格したブログの内容について詳細に解説していきます。

 

ブログのジャンルは?

気になるブログのジャンルですが、私の場合は雑記ブログにしました。

アドセンス申請をする上で気をつけなくてはならないのが、ジャンルや記事の内容です。

例えば、代表的な例でポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツは審査が通りません。

詳しくはアドセンスポリシーを参照ください。

アドセンス審査を行う前に、ご自身のブログやサイトのジャンルがアドセンスポリシーに違反していないか確認する必要があります。

 

たくさんの記事が既にある場合は、新規でアドセンス審査用のブログを立ち上げたほうが圧倒的に早いです。

では私の審査用ブログでどんなことを書いたのか、カテゴリー別に見てみましょう。

審査を申請するまでは
・仕事(5)

・犬(4)

・健康(1)

申請後は
・人間関係(1)

・日記(1)

審査前とは別のジャンルの記事を書きました。

 

わりと自分の得意分野での記事を書いています。

そこまで人の役に立つ内容か?と問われれば微妙ですが、アドセンスポリシーに違反している内容ではないので大丈夫でした。

 

ブログの記事数は?

実際に審査を行うまでにブログに投稿した記事数は「12」記事になります。

いろいろネット上で審査用に用意する記事数は様々ですが私の場合は結果、12記事で合格しました。

2018年8月8日に最初の記事投稿を行い、毎日1記事づつ投稿して10記事を書き終えた段階でGoogleにアドセンス申請を行いました。

 

そして申請後も2~3日に1記事投稿しようと思い、アドセンス申請後2記事追加投稿しただけになります。

実は記事数はそれほど多くなくても、アドセンス審査には合格することは可能です。

 

ブログの文字数は?

次は審査用ブログの1記事あたりの文字数はどの程度必要なのか?検証してみましょう。

 

私が意識した文字数は、1200字以上で書こうと思い記事投稿しました。

下記が実際の各記事毎の文字数です。

 

記事 記事内文字数
1記事目 1532字
2記事目 1753字
3記事目 1531字
4記事目 1478字
5記事目 1651字
6記事目 1566字
7記事目 2572字
8記事目 1621字
9記事目 1341字
10記事目 1610字
11記事目 1296字
12記事目 985字

 

上の表を見ていただければわかると思いますが、そんなに文字数は多くなくて大丈夫です。

 

 

ブログに画像や動画は?

私の場合、審査用記事には1つも画像や動画などは貼りませんでした。

とにかく早くに審査を申請したかったので、スピーディーさを心がけて記事を書くようにしたため画像、動画などは一切記事内に挿入しませんでした。

 

画像に関しては注意が必要で、著作権フリーまたは自分でアップロードした画像は使用しても問題ないとのことですが誤って他のサイトの画像や、芸能人などの著作権がある画像などは絶対使用しないようにしましょう。

私の審査用ブログでは画像は一切使用せずに、アドセンス審査に合格していますのでできたら使わないほうが楽です。

 

審査用の記事を書く手間を考えたら、画像も動画も記事内にアップしないほうがシンプルで簡単です。

 

 

ブログに広告は貼っていたか?

もちろんその他の広告すなわちアフィリエイトリンクは1つも貼っていません。

アドセンス審査用にたちあげたブログなので、わざわざ他の広告などは行いませんでした。

 

 

ブログのPV数は?

審査中のブログのPV数は?というと審査用ブログにアナリティクスを導入していないので、正直分かりません・・・

ですのであてにならないかもしれませんが、シーサーブログのアクセス解析画面で確認した数値を記載します。

 

日付 アクセス数 備考
2018年8月8日 33
2018年8月9日 23
2018年8月10日 54
2018年8月11日 25
2018年8月12日 14
2018年8月13日 19
2018年8月14日 31
2018年8月15日 23
2018年8月16日 11
2018年8月17日 7
2018年8月18日 29 アドセンス申請時点
2018年8月19日 59 審査中
2018年8月20日 0 審査中
2018年8月21日 33 審査中
2018年8月22日 2 審査中
2018年8月23日 22 審査中
2018年8月24日 7 アドセンス合格

この数値を見てみればわかる通り、あまりPV数は必要はないようです。

 

 

アドセンス審査合格後に疑問に思ったこと

他のサイトで、ブログやサイト内に必要なコンテンツが無くてはならないという記事を見たことがあります。

それは、プライバシーポリシーと問い合わせページです。

一体真偽のほどはいかがなんでしょう?

私の審査用ブログではこの、プライバシーポリシー問い合わせページも無かったのですが全く問題ありませんでした。

 

ですが実際はコンテンツポリシーに書いてあるとおり、プライバシーポリシーはどうやら必須なようですが、なぜかアドセンス審査に合格してしまいました。

 

もしアドセンス審査を受けられる場合は、念のため作成したほうがよいでしょう。

 

プライバシーポリシーとはこんな感じのやつです。

「〇〇ブログは第三者の広告サービス、Google Adsenseを使用しています~」とか

アクセス解析ツールとか、免責事項について書いてあるページです。

 

プライバシーポリシー参考サイト

 

 

Googleアドセンス審査に合格するためまとめ

Googleアドセンス審査に合格するのって、何か大変なイメージを持っていた人もいたのではないでしょうか。

ですが実際にアドセンスの審査を受けてみたら、あっさりと通ってしまいました。

 

ネット上に出ていた、Googleアドセンスの審査について様々な情報がありますが、思ったほど難しくなかったというのが感想です。

 

もし今までそういった情報に不安を覚えている人がいましたら、是非Googleアドセンスの申請をして合格して自分のブログやサイトを収益化していきましょう。

 

この記事を書いている数日前に、すでに数十円ですがアドセンス初報酬も出ました。

そちらに関してはまた別の記事で紹介します。

ブログでマネタイズしたい方は、是非Googleアドセンスの取得方法を参考にしてアドセンス広告を自分のメディアに活用していきましょう。

不明点などありましたら、遠慮なくお問い合せください。

 

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





アフィリエイトで成果をあげるためにPDCAサイクルを回そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトで成果をあげるために、PDCAを理解しPDCAサイクルを回す必要があります。

 

何かアルファベットが並んで小難しそうと感じたとしたら・・・大丈夫です。

 

そんなに大そうなものではないので、是非参考にして自身のビジネスに取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

PDCAとは?

 

PDCAとは一体全体何なのか?知らない方のために、解説していきます。

そもそもが、ビジネスで使用されており主に、生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つです。

 

では内容を見ていきましょう。

①Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。

②Do(実行):計画に沿って業務を行う。

③Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを評価する。

④Act(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。

※ウィキペディアより

上の①~④を順番に行っていき、1週したら最後の④Actを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとのレベルを向上させて改善を行っていき成果を向上させるようにしてあげます。

 

 

PDCAをアフィリエイトにどう活かすのか?

では具体的にPDCAをアフィリエイトに、どうやって活かすのか解説していきます。

例えばあなたが何かしらアフィリエイトの教材を購入したと仮定します。

 

まず一通りアフィリエイト教材の中身を勉強します。

その教材で、「1日1記事ブログ記事を投稿すれば、1カ月後に5000円程の報酬が発生します。」と書いているのであれば

 


Plan(計画)は「30記事で5000円稼ぐ」になります。

これは教材通りであれば、まず自分で考える必要はありませんね。

 


Do(実行)は1日1記事書くということになります。

こちらも自分で考える必要はなく、教材通りに記事を書いていればよいのです。

 


Check(評価)は単純に②がしっかり行われているか確認します。

始めのPDCAサイクルでは、教材通りの手順で行われているかの確認だけで大丈夫です。

 


Act(改善)は仮に1日1記事書いたのに、当初の教材通りに稼げていないとしたら

どこかに原因があるはずなので、調べて改善します。

 

ここで大事なのは、大抵の人は「教材どおりにやったのに、結果が出ないじゃないか?」

とPDCA1週目で不平不満などを漏らし「稼げないからやめよう」なんて思ってしまいがちです。

 

 

 

PDCAを回して思い通りの結果が出なかった時は?

結論から言うと、再度PDCAサイクルを回すことです。

常にPDCAは回し続けることが大事です。

 

 

アフィリエイト教材を実践している人であれば、教材を1から見直して実践する。

こうすることで最初と違った観点でものごとを捉えられるようになり

最初は分からなかったことが理解できたり、実は自分がやっていた手順が間違っていたことに気づいたりします。

 

 

PDCAまとめ

PDCAサイクルをたくさん回し、アフィリエイトに活用すると成果は必ず出てきます。

 

やみくもにただ作業を行っているだけでは、アフィリエイトでは稼くことは難しいです。

 

PDCAを意識してアフィリエイトに取り組むことで稼げるようになります。

 

 

最後にひとつだけ、実際に上手くPDCAが回らない事があるのでご注意を。

 

例えば、Plan(計画)が厳しすぎて、Do(実行)できないすなわち実現不可能であれば

PDCA自体が回らなくなることがありますので、あくまで初めての時は無理な計画は禁物です。

 

補足ですがPDCAサイクルを効率よく回には、アフィリエイトの場合教材があれば解決です。

なぜなら、教材通りのやり方をただただ実践していけばよいからです。

 

アフィリエイトを実践していく中で、結果が出ないときほどしっかりと

PDCAを意識して、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)

を繰り返し回して、成果につなげるようにしましょう。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





人気ブログになるためにユーザー目線を意識した記事の書き方3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

ブログを運営するからには、やはり誰しもが「アクセスをたくさん集めたい」と思うのは当然です。

 

インターネット上にブログを開設する人のほとんどが、口には出しませんが「ブログで収益化したい」と心の奥底では思っているはず。

 

 

ですがきっちり収益化するためには、検索エンジンで上位表示されアクセスの集まる人気ブログとなる必要があります。

 

 

芸能人と違って私のような一般人は、ただの日記を書くだけではアクセスなど集まりません。

検索ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供し、検索からブログにアクセスを呼び込むしかないんです。

 

 

今から楽天やアマゾンのような大企業の社長になれ!何て言われたら残り人生のすべてをささげても無理な気はしますが、自分の運営するブログを人気ブログに育て上げ「とある1記事が検索表示1位を取る」といった目標なら達成できます。

 

 

多くの人は毎日ブログ更新をしているのに、「なかなかアクセスが集まらない・・・」といった悩みを抱えているブロガーさんも多いと思います。

 

今回紹介する内容を実践してもらえれば、ブログ初心者さんであっても必ずアクセスを集められる記事を書くことができ、人気ブログへの仲間入りできます。

やはりポイントは「ユーザー目線」を意識して記事を書くことがポイントになります。

 

 

アクセスを集めるために必要な記事の書き方を3つ解説していきますので、上位表示1位を目指してがんばりましょう。

 

 

 

前回までの記事も併せて読みすすめて意識して実践してもらえれば、よりブログが成長していくと思いますので参考にどうぞ。

 

ブログ初心者でもアクセスを集めるためのSEOに強い記事の書き方のコツ

ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイント

 

 

では一つづつ解説していきます。

 

 

その1:検索ユーザーの悩みを解決できる

人気ブログになるための2つ目の記事の書き方になります。

 

まず意識しなければならないのですが、検索ユーザーが抱える悩みを解決する「答え」が分かりやすく説明されている必要があります。

ユーザーが知りたい情報を、ブログ記事にして提供することです。

 

こうしてあなたの記事に価値が生まれます。

 

例えば「新宿駅に行きたい」といったときに、地図が出てきて電車で〇〇駅から乗って何分で到着するといった情報がでてくれば悩みは解決できます。

 

 

 

また「かっこよくなりたい」といった検索ユーザーに対して書く記事は「今流行の髪型」とか「おススメの服装」などを提案してあげるとよいでしょう。

 

 

 

今の世の中、分からないことや悩み事は、インターネットですぐに検索します。

 

そのため、検索ユーザーが抱えている悩みを解決する回答を用意しておくことで、検索されるようになるのです。

ユーザーの答えに対する記事を増やしていくことで、ブログへのアクセスはどんどん増えていきます。

 

やるべきことは、ユーザーに検索される記事を書いていき、増やすだけです。

 

 

 

その2:ユーザーの潜在的欲求が満たされる

人気ブログになるための2つ目の記事の書き方になります。

 

ブログへのアクセスアップのためには、ユーザーの潜在的欲求が満たされる記事を書いていくことが必要になります。

 

 

記事を書くときにただ単に表面的な答えを提示するだけでは、あまり意味がありません。

検索ユーザーの求めている答えと、あなたが書いた記事にギャップが生じるからです。

 

たとえば「おすすめエステ」というキーワードで検索するユーザーに対して、ほとんどの人は「エステ店の紹介」だけを記事にするでしょう。

 

 

 

ですが実際に検索しているユーザーは、きっとこんな潜在的欲求を持っています。

 

・好きな人を振り向かせたい

・きれいになって今までのモテなかった人生とおさらばしたい

・素敵な洋服が似合うようになりたい

 

このように隠れた潜在的欲求を満たすような記事を書いてあげる必要があります。

 

検索ユーザーは悩みを解決したりするため、また願望を実現するためにインターネットからさまざまなサイトを検索しているのです。

ユーザーに対して表面的な方法だけでなく、この潜在的欲求を満たすことにより「そうそうこの情報が知りたかった!」というふうに満足してもらえるのです。

 

 

 

その3:200%のクオリティを目指す

最後になりますが人気ブログになるための記事の書き方です。

 

インターネット上には数えきれないほどの、ブログやサイトがあります。

その中で読まれている記事がごくわずかなのはご存じでしょうか。

 

Googleに認識のされている記事で読まれているのはわずか4%にすぎないのです。

残りの96%は誰の目にもふれずにインターネット上に存在するのみです。

本気でアクセスを集めてユーザーの目に触れてもらいたいと思うなら、4%の中に入らなくてはなりません。

 

そのために、ただ単純にブログ記事を書くだけではダメなんですね。

同じキーワードを狙ってブログ記事を更新している人はたくさんいるため、その中に埋もれてしまうのです。

 

このようにせっかく書いた記事を日の目にあてるためには、1つ1つの記事に対して一球入魂!200%以上のクオリティを目指す必要があるのです。

 

 

100%を目指した記事では、100%に到達しません。

 

ブログ記事を書くなら200%を目指すくらいでないと、100%の記事には到底とどきません。

 

時間と労力を無駄にしたくないのであれば、検索結果で1番を目指し記事を書くように心がけましょう。

物事なんでもそうですが、1番を目指さないと1番はとれません。

 

「気づいたら1番になっていたよ」なんていうことは、基本的にありえません。

 

 

 

人気ブログになるためのまとめ

人気ブログになってアクセスをたくさん集める・・・そんなに甘いものではないですね(笑)

 

もし本気でブログで検索結果1位を目指して、たくさんのアクセスが流れてきて人気ブログになりたいのであればやはりそれ相応の努力が必要ですね。

 

 

その本質はやはりどこまでいっても「ユーザー目線」を意識して記事を書かないと、情表示はおろか人気ブログにはなれずブログで収益化など遠のいていきます。

 

インターネット上に限らず、すべてのビジネスの基本は「お客様を満足させること」のみです。

近道はありません。

 

ですが、何よりひとから感謝されるというのは何事にもかえられない達成感と喜びがあります。

 

是非ブログ運営している人は、この記事を参考に検索ユーザーの役に立つ記事を量産していきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 

 





ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

ブログを運営している人であれば、ブログへ効率よくアクセスアップをさせるためにはどうしたらよいのだろう・・・という悩みはなくなりません。

 

ブログはいかに濃い読者が多く集まるかによって収益が大きくかわってきますので、「俺はブログで財産を築いてやる!」なんて思っている人はブログにアクセスアップするためには?という問題にいま一度、真剣に取り組んでみるとじわじわとアクセスアップされるブログになってきますので、私と一緒にブログについて勉強していきましょう。

 

ブログを運営している人ならば、聞いたことのあるたった3つのことを意識してブログ記事を書くだけなので取り入れてくださいね。

 

 

 

その1:キーワードに需要があるか調べる

ブログに記事がたまっていくと、いくら検索キーワードが増えるとはいっても「そもそも検索の需要がある」ということが前提となります。

 

誰の悩みや不安や疑問も無いのにいくらがんばって記事を書いたとしても、誰にも読まれることはないからです。

ブログ記事を書くうえで「検索の需要があるかどうか」というのは実は最も重要で、まずブログ記事を書き始める前にあなたが検索してほしいキーワードにどれだけの需要があるかしっかり確認しましょう。

 

では手順を解説していきますね。

 

検索エンジンでキーワードを調べる

 

 

実際にあなたの書こうとしている記事(キーワード)に需要があるか調べるには、検索エンジンで狙うキーワードを入力してみましょう。

 

例えば「アフィリエイト」について記事を書こうと思ったとき、まずはグーグルやヤフーでアフィリエイトと入力してみてください。

画像のように関連するキーワードが出てきます。

 

これは実際にユーザーが調べた検索キーワードが出てきます。

アフィリエイト関連のキーワードが何個も表示されれば、検索の需要があるということになります。

 

 

キーワードプランナーを利用する

実際にあなたが狙っているキーワードがどの程度検索されているかどうかを調べるために、Googleキーワードプランナーを活用すればどの程度検索されているのかある程度の検索ボリュームを知ることができます。

 

アフィリエイト単体ですと月間10万~100万回も検索されているので需要があるということです。

 

 

逆に全く需要のないキーワードの場合はこんな感じになります(笑)

上の画像のとおり需要がないキーワードの場合、月間平均検索ボリュームが「-」となります。

ブログ記事を書こうと思いタイトルを「俺がかっこいいと思う10の理由」なんて少し痛いタイトルで、ブログ記事を書いた場合は、一生誰にも検索されずにインターネット上に埋もれることになってしまいます。

 

無料ブログでファンがいたり、SNSなどで告知すれば記事は読まれるかもしれませんが、検索エンジンから検索される確率は安定の0%です。

 

 

キーワード需要まとめ

最低限自分が書こうと思っている記事が検索されているかどうか確認するのは必須事項です。

手順としては

①検索エンジンでキーワードを入力

②キーワードプランナーで実際の検索ボリュームを調べる

記事を書く前には最低限①②はやっておくべきでしょう。

 

需要がないキーワードで記事を書くほど時間のムダなことは無いので。

アクセスを集められるようなブログを運営したいのであれば、キーワードに需要があるかどうが調べてから記事を書き始めるように心がけましょう。

 

実際にブログを運営している人でアクセスが集まらない人の多くは、需要のないキーワードを選定して需要のない記事ばかり書いて結果として誰にも検索されない記事を書いている場合があります。

 

 

その2:1記事に対して1キーワードであること

ブログ記事を書く上で、「1記事1キーワード」になっているか?ということも大切になります。

具体的なコツとしては、記事タイトルに上位表示を狙っているキーワードを含めます。

 

例えば「アフィリエイト 稼ぐ」というキーワードで検索エンジンで上位表示を狙うとします。

 

その場合は以下のように記事タイトルを設定する必要があります。

 

〇アフィリエイトで失敗せずに稼ぐ方法BEST3を紹介!

〇アフィリエイトで稼ぐための成功者マインドを身につける方法とは?

〇アフィリエイトで月100万円稼ぐための唯一の方法はメルマガ配信!

 

上記はあくまで例ですが、「あなたが検索してほしいキーワード」を決めてタイトルに含める必要があります。

キーワードを意識しなければ、狙ったキーワードで検索されないからです。

 

また1つの記事に対して設定するキーワードは1つだけです。

なぜなら「アフィリエイト 稼ぐ」と「アフィリエイト 始め方」ではユーザーが知りたい情報が違うからです。

 

「アフィリエイト 稼ぐ」であればアフィリエイトで稼ぐ具体的なやり方を知りたい人が、検索します。

一方で「アフィリエイト 始め方」であれば、まだアフィリエイトの知識があまりなく「どうやったら始めることができるのか?」といったアフィリエイトの基礎的な知識を求めている人が対象になってきます。

 

見て分かる通りキーワードによって、求める内容が違ってきますのでキーワードに関連する内容が記事に入っていないとユーザーはがっかりしてしまいます。

またすぐにあなたのブログから居なくなってしまうでしょう。

 

もし仮に複数の情報を一緒のブログ記事にしてしまった場合には、ユーザーからすると違和感や見づらいと感じてしまうでしょう。

ユーザー目線で考えた場合は一つのキーワードで1記事づつ作成したほうが、結果的にユーザーの求めている答えが分かりやすくなります。

 

必ず記事を書く際には、欲張らないで1記事1キーワードを意識するようにしていきましょう。

 

 

 

その3:潜在的欲求を満たす記事を書くように心がける

3つ目は少し難しいのですが、人気ブログというのはよく読んでみるとこの「潜在的欲求」を満たす記事を書いているんですね。

ちなみに潜在的欲求とは分かりやすく言うと「無意識レベルで求めているモノ(コト)」を指します。

 

反対に「アレが欲しい」「コレがしたい」といったはっきりとした欲求を「顕在的(けんざいてき)欲求」と言います。

 

〇顕在的欲求:はっきりと言葉にできる

〇潜在的欲求:「こんな情報はないのかな?・・・」といったように、言葉にできないどこかモヤっとした欲求

 

たとえば「コーラが飲みたい」と言う人の場合は、言葉の裏には「のどが渇いている」といった潜在的欲求があるのです。

また「痩せたい」というキーワードの潜在的欲求は「異性からモテたい」とか「健康になりたい」などの潜在的欲求が考えられます。

 

上の例でコーラを安く買う方法とか痩せる方法を書いたとしても、心にあまり響かない記事となってしまいます。

なぜなら私も含めて検索しているユーザーは自分が求めている情報が一体何なのか把握していないから・・・というのが答えです。

 

ユーザーが言葉にできる顕在的欲求と言うのはたった5%に過ぎないのです。

参考記事:消費者が語ってくれない「真実の95%」:ユーザー中心発想でコンテンツマーケティングを成功に導くヒケツ

 

「コーラが飲みたい」や「痩せたい」といった言葉の表面だけを見るのではなくて、潜在的欲求をみたしてあげる記事を書くことであなたのブログに訪問してくれた人の満足度を高めることになります。

 

記事を書くときは「ユーザーがなぜそのキーワードで検索しているのか?」といったキーワードの裏の検索意図を考えるようにして、潜在的欲求を満たすような記事を書くことを心がけてあげることが、質の高いコンテンツとなり結果アクセスアップにつながることになります。

 

 

ブログへ効率よくアクセスアップさせるための3つのポイントまとめ

今や検索エンジンで自分の書いた記事が小手先のテクニックで上位表示が難しいのは、ブロガーであれば誰しも知っていることです。

 

ですが、逆に言えば私のようなブログ後発組にとっても大きなチャンスなのです。

今まで外部リンクたっぷりで内容の薄いサイトが上位表示されていたのは、昔の話です。

 

しっかりとした検索ユーザー目線の記事をしっかりと書くことで、上位表示がされるようになるのです。

 

確かに1記事にかかる時間が多くなったりすることもあるでしょうが、書き上げた記事というのは一生の財産となり何より人の役に立てる立派なコンテンツとなります。

そう考えたら、手間暇かけて1記事書くのも悪いことではないですね(*^_^*)

 

 

本日紹介しました3つのポイントのうち、その3「潜在的欲求を満たす記事を書くように心がける」というのはいきなり完璧にしようとすると、手が進まなくなるのでまず初めに意識して書くといったレベルから始めていくといいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事がためになったと思ったら応援クリックお願いします(*^_^*)

 

 

 





ようこそいらっしゃいました。

副業でネットビジネスをやっています。ブログ×メルマガ
アフィリエイトをやっています。初心者アフィリエイターさんや現在の給料に満足できない人々を応援します。
詳しいプロフィールはコチラ

押していただけると嬉しいッス

カテゴリー

アーカイブ