簡単に記事の目次を作成するワードプレスプラグイン【Easy Table of Contents】

 

 

 

 

 

 

 

当ブログにも記事の目次を作成するワードプレス用のプラグインを今更ながら導入しました(*^_^*)

その名も【Easy Table of Contents】・・・アレ何か他のブロガーさんと違うような・・・

 

 

調べてみたらメジャーなのが【Table of Contents Plus】というプラグインだったのですが

検索した際に【Easy Table of Contents】というのが一番最初に出てきたので

何だこれ?と思いながら興味本位でインストールして使用してみたところ

使いやすかったので紹介します。

 

 

では早速、目次を作成するワードプレス用のプラグイン【Easy Table of Contents】

がどんな感じなのか見てみましょう!

 

 

Easy Table of Contentsのインストール方法

 

まず画像を見てください。私は『Table of Contents Plus』で検索したのですが、

一番最初に『Easy Table of Contents』が表示されるんですよこれが(笑)

 

しかも『使いやすい目次を、ページ内容に基づき完全自動で生成し表示します。』

なんかものすごい使いやすそうなキャッチコピーに惹かれて、とりあえず勢いで

インストールしてみました(*^_^*)

 

手順としては

ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒キーワードに『Easy Table of Contents』と入れましょう!

※検索窓(画像の赤四角枠)に『Table of Contents Plus』と入れても一番最初に表示されますwww

 

その後今すぐインストールボタンを押して(初めての人は有効のところが今すぐインストールになってます)

有効化しちゃいましょう!

 

 

Easy Table of Contentsの使い方

 

では早速設定画面を見てみましょう。

 

私も全て把握しているわけでは無いのですが、実践した結果から

解説していきます。

 

 

 

プラグイン⇒インストール済みプラグイン⇒設定ボタンを押してください。

 

そうするとメニューがいろいろ出てきます。

 

 

設定その1 一般設定

 

 

設定ページその1になります。

もう見た目が日本語なので、ある程度読めばすぐに・・・私でも使えちゃいました!

ですが一応私ができる範囲で説明していきます。

 

①サポートを有効化

目次を有効にする箇所を指定します。

記事のみに目次を作成したいのなら、『投稿』にチェックをつけて

固定ページにも目次を作成したいのなら、『固定ページ』にチェックをつける感じで。

 

その他のページについては好みに合わせて有効化して下さいね。

 

 

②自動挿入

目次を自動挿入する箇所を指定します。①と同じチェックをつける必要があります。

ちなみに過去の投稿にも自動で目次が挿入されます。

 

 

③位置

これは目次ページの位置を指定します。

 

4種類あります。

 

ほとんどの人のブログ等を見ると『最初の見出しの前』に設定しているようですね。

ちなみに私のブログの場合ですと

 

 

この記事であればこんな感じです。

※作成途中のキャプチャです。位置を感じてもらえればと・・・

 

 

④表示条件

これは、目次を自動で生成するための見出しの数を指定することができます。

また後で説明しますが、見出しの種類も設定できます。

 

 

⑤見出しラベルを表示、⑥見出し

見出しラベルは上の画像で『もくじ』に該当します。

もし表示したくないのであれば、チェックを外してください。

 

見出しは『もくじ』でカッコよく見せるなら『Index』など好みに合わせましょう。

 

 

⑦折りたたみ表示

折りたたみを許可する場合はチェックをつけましょう。

まあこれはチェックをつけておいた方がいいですね。ものすごい大作の記事を

書いて折りたたみが出来なかったらものすごく目次が長くそして折りたためない

としたら・・・なんかうっとおしいので、ここはチェックをつけるのが無難ですね。

 

 

⑧初期状態

初期状態で目次を閉じた状態にするか否かです。

目次をたたんだ状態にしておく場合は、チェックをつけましょう

 

 

⑨カウンター

こちらも4種類あります。

小数点は、今までの目次図で表示していますのでそちらを参考にして下さい。

 

数字だとこんな感じ

小数点と色が変わってるくらいかな・・・

 

 

ローマ数字だとこんな感じ

メチャクチャ見にくいのでやめたほうが・・・

 

 

なしだとこんな感じ

これも何か私的には違和感がありおすすめしません・・・

 

 

⑩スクロールを滑らかにする

・・・チェックをつけた時とつけない時の違いが一切分かりませんでした(T_T)

もし分かる人がいたら教えて下さい。

何かすごく気になって仕方がないんです・・・

 

 

設定その2 外観設定

 

 

 

設定ページその2になります。主に目次のレイアウトについて変更できます。

これまた、ある程度読めばすぐに使えそうですよね?

一応説明させてもらいます<m(__)m>

 

 

①幅

これだけ種類がありますので、こちらはお好みのサイズに設定して下さい。

 

 

②カスタム幅

①の幅をユーザー定義にした場合に有効になります。

目次の幅を微調整したい場合にはユーザー定義とカスタム幅を指定してください。

 

 

③回り込み

これは多分デフォルトでいいと思います。

ちなみに『』にした場合・・・こんな感じ

使いどころが分かりません(笑)

左にするとタイトルが右側になりました・・・

 

 

④タイトル文字サイズ

これはタイトルの文字サイズです。上の図で『もくじ』に該当します。

お好みに設定してください。

 

 

⑤文字サイズ

これはタイトル以外の文字サイズです。

お好みに設定してください。

 

 

⑥テーマ

こちらは、目次の表示色を選択します。

こちらもお好みに併せて使用下さい。

 

カスタムをチェックした場合には自分でいろんな目次に設定できます。

 

 

⑦カスタムテーマ

こちらで自分好みに目次を設定します。

枠~背景~文字カラーなど全て設定可能です。

あなたの好みにカスタマイズして、オリジナルな目次を設定しましょう!

 

 

 

設定その3 高度

 

設定その3になります。こちらは高度設定・・・本当に高度です。

日本語でも何を言っているのか全く分かりません!

 

唯一分かる見出し部分について説明します!

 

こちらは目次を生成するうえで、どの見出し(hタグの指定が可能)を目次に

表示させるか選択可能です。

デフォルトはh1~h6までチェックがついていますので、目次表示されたくない

hタグがあれば、チェックを外すと目次に表示されません。

 

 

Easy Table of Contentsまとめ

本当は目次生成プラグイン【Table of Contents Plus】をインストールする

つもりが、キャッチコピーに惹かれて【Easy Table of Contents】をインストール

したので、その使用感と分かる範囲での説明でした。

 

知識がある人なら高度な設定も使いこなせるのではないでしょうか?

 

ちょっとネットで調べたのですが、バージョンアップしたのか他のサイトの

説明では英語版だったんですよね?

 

また【Easy Table of Contents】の良い所は目次の挿入をページごとに設定できるのが

良い点らしいです。

 

【Table of Contents Plus】の場合は、目次を入れたくないページが多い場合には

手間がかかるそうです。

 

既に結構な記事を書いている人には【Easy Table of Contents】のほうが

使い勝手はよさそうです。

 

私のように途中から目次を記事に入れたい人は是非

ワードプレス用プラグイン【Easy Table of Contents】を使用してみてはいかがでしょう?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

簡単に短縮URL作成ワードプレスプラグイン【Pretty Link Lite】

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は簡単に誰でも短縮URLを作成できるWordPressのプラグイン

Pretty Link Liteを紹介します。

 

URL短縮機能はクリック計測など、URLをすっきりきれいに見せるためなど

いろんな用途で使用しています。

 

有料のものも購入したのですが、設定が面倒くさくて

以前はGoogle URL Shortenerを使用していましたが、ここ1~2カ月

Pretty Link Liteを使用した結果ものすごい満足しています。

 

Pretty Link Liteは有料版と無料版の2種類があり

無料版でも十分すぎる機能がありますので

導入方法と機能について紹介していきますね。

 

 

 

Pretty Link Liteのインストール方法

 

ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒Pretty Link Liteを検索し

上記のようにプラグインが表示されましたら、『今すぐインストール』

しちゃいましょう。(画像はインストール済みなので、有効になっています。)

 

 

 

次にプラグイン⇒インストール済みプラグインから

Pretty Link Liteを探して『有効化』します。

 

ダッシュボードの下のほうに、Pretty Link Liteが出てきますので

インストール作業は全て完了です。

 

日本語版に対応していないのが、残念ですが

使い方は簡単なので、次に説明していきます。

 

 

Pretty Link Lite(無料版)の機能

 

 

Pretty Link Liteの機能(メニュー)は6種類あります。

※一番下の『Upgrade to Pro』は有料版を使用したい場合に登録

 

①Pretty Links

今まで作成した短縮URLの一覧が表示されます。

・管理名

・クリック数

・作成日

・短縮URL

この画面で一覧表示されますので管理もとてもしやすいです。

 

②Add New Link

新しい短縮URLを作成します。

 

➂Groups

グループを作成します。

 

④Clicks

クリック解析を行います。またCSVデータ出力もできますので

解析データなど保存ができます。

 

➄Tools

短縮URLをブックマークすることができて、お気に入りに登録しておけば

WordPressにログインしていなくても、短縮URLの作成が可能です。

 

⑥Options

各種オプション設定が可能です。

・リダイレクションタイプの設定

・トラッキングの有無

・NoFollowの有無

 

 

短縮URLの作成方法

実際に短縮URLを作成してみましょう!

ダッシュボード⇒Pretty Links⇒Add New Linkに進んでください。

 

 

Redirection Type:

301と302と307があります。通常は302か307を選択してください。

デフォルトは『307』になっていますので、基本的に変更しないで大丈夫です。

 

Target URL:

短縮したい元のURLを入力して下さい。

 

Pretty Link:

実際の短縮URLです。任意で文字列を変更できますので

好きな短縮URLを作成して下さい。何も指定がなければ

勝手に任意のURLが自動作成されます。

 

Title:

管理用の名前ですので、好きな名前を入力してください。

こちらは一覧にも表示される名前になります。

 

Title:

自分のメモ用です。作成したURLへ補足内容などを

残すことができます。

 

Advanced Optionは次に詳しく説明します。

Pro Options有料版のみのオプションなので

今回は説明を割愛します。

 

 

 

Advanced Optionsについて

 

 

Group:

グループを作成している場合に利用出来ます。

ここでグループ作成も可能です。

 

No Follow:

nofollowリンクにする場合にチェックを入れます。

アフィリリンクなどで短縮URLを作るときに有効です。

 

Parameter Forwarding:

このリンクに渡されたパラメータをターゲットURLに転送する

かどうか・・・よく分からないので、デフォルトどおり

チェックをつけなくて良いと思います。

 

Tracking:

クリック解析を有効にするかどうか

チェックをつければ、クリック解析をしてくれます。

 

 

 

Groupsを作成

 

グループの作成方法を解説します。

ダッシュボード⇒Pretty Links⇒Groups

 

Groupsをクリックすると上のような画面が出てきますので

グループ名とグループの説明、またどの短縮URLをグループ化するか

既存の短縮URLから選択します。

 

最後にCreateボタンを押せば新しいGroupが作成されます。

 

 

クリック解析機能

 

ダッシュボード⇒Pretty Links⇒Clicksを押します。

上記のような画面が出てきます。(初期値だと1か月間分の解析データが表示)

 

 

Customaize Reportボタンを押すと

クリックタイプと、集計の範囲が指定できます。

 

All Clickは単純なクリック数で、同じ人が10回押したら

All Cliicksは10回とカウントされます。

 

Unique Clicksは同じ人が10回クリックしたとしても、

1回とカウントされます。

 

 

このクリック解析を上手く活用して、アフィリエイトリンクなどに

導入して売り上げ管理また、どこの位置がリンクを踏まれやすいのか?

といった検証を行い、売上をアップさせて下さいね。

 

 

まとめ

無料で使える短縮URLツールとしては、今回紹介した

Pretty Link Liteはかなりおススメです。

 

ブログを立ち上げたばかり、またアフィリエイトをやり始めた

ばかりで最初にお金が無いころはPretty Link Liteを導入しただけで

短縮URL作成やクリック解析は十分可能です。

 

是非導入して、よりブログのアクセスや売り上げにつながるよう

利用してみるといいんじゃないでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

ワードプレスプラグインAkismetを設定して海外スパムコメント対策!

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を書こうと思い、ワードプレスにログインするとダッシュボードの

コメントにいつもいつも数字が表示されています。

 

初めの頃は『お!誰かからコメントきた』なんて喜んでいましたが

うっとおしいだけなので、Akismetというスパム対策を行ってくれる

ワードプレスのプラグインを入れました。

 

まだAkismetを導入されていない方がいましたら手順を紹介しますので

海外からのスパムコメントとおさらばしちゃいましょう!

 

 

Akismetをインストールしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初にダッシュボードから

プラグイン⇒新規追加⇒プラグインの検索で『Akismet』と検索しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はインストールしてしまって『有効』になってますが、初めての人は

画像の赤枠が『今すぐインストール』になっているのでポチっと押して

インストールしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にインストール済みプラグインからAkismetを有効化しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はAkismetアカウントを設定ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

APIキーを取得ボタンを押します。

 

 

この後にAKISMETのサイトに飛びます。

※既に私はアカウントをもっており、キャプチャを見せられませんがご容赦を<m(__)m>

 

『GET AN AKISMET API KEY 』

というボタンがありますので、そいつをクリックしてください。

 

そうるすと

メールアドレス・ユーザーネーム・パスワードを入力する画面がありますので

全て入力して、サインアップしましょう。

 

 

サインアップした後は

 

赤枠のようにAkismet PersonalでFreeになっていれば、費用などは掛かりません。

 

またAPIキーが出ているので、そちらをワードプレスに戻って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像の一番下のAPIキーに入力して『APIキーを使って接続する』ボタンを押します。

 

これで設定は完了です。

 

 

 

また厳密度という設定があり、

『最も悪質な種類の広範囲なスパムを自動的に削除し、目に触れないようにする。』と

『スパムを常にスパムフォルダーに振り分けレビューする。』がありますので、お好みに

併せて選択してください。

 

 

まとめ

毎回記事投稿のたびにスパムコメントを手動で『スパム』に振り分けるのは面倒くさく

また時間がもったいないので、一番最初にこの設定を済ませておくと余計な作業に

時間を取られなくて済みますので、あらかじめ設定しておきましょう。

 

またAPIキーは複数のサイトで使用できますので、別のブログを立ち上げた際には

使いまわすことが可能です。

 

※ただし商用サイトの場合は、APIキーの複数使用ができないのでご注意を

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

WordPressテーマを途中で変更するために便利なプラグイン

 

 

 

 

 

 

 

 

WordPressでブログを始めたときに、無料のテーマで始めたけれど

途中でテーマを変更したくなっちゃった人はいませんか?

 

・内部SEOを考えたらやはり有料のテーマに変更したい

・デザイン的にかっこいいテーマを見つけたから変更したい

 

なんて色々な理由でWordPressのテーマを変更したい人は

多いのではないでしょうか。

 

先日私のコンサル生からそんな質問がありました。

 

途中でWordPressのテーマを変更したらどうなるか?

といった内容を図解入りで説明しちゃいますので、

WordPressのテーマを変更したいと思っている方は

参考にしていただければと思います。

 

 

テーマを変更すると内容が崩れる

 

 

 

 

 

 

 

結論から言いますと、今まで使っていたWordPressテーマから

別のWordPressテーマに変更すると、レイアウトが崩れます(゚Д゚;)

※崩れない場合もあります。同じ系統のWordPressテーマを導入した場合など

 

では実際に見てみましょう。

またまた登場した私の黒歴史のブログです(笑)

黒歴史ブログはコチラから確認

 

画像をクリックすると拡大します

 

 

 

 

有料のテーマを導入する前ですね。

 

ちなみに今回は私が使用しているFMテンプレートに変更してみます。

上段の中央のピンクの奴がFMテンプレートです。

 

画像をクリックすると拡大します

 

 

 

 

 

 

ではテーマを変更してみましょう

ちなみにテーマの変更方法は

ダッシュボード⇒外観⇒テーマで変更可能です。

 

 

 

 

 

 

 

まずはトップページ・・・なんか既におかしいですね(´・ω・`)

もう少し画像を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・う~んやはり変更前と違っていろいろ崩れていますね(-。-)y-゜゜゜

 

結論としてはWordPressテーマを変更すると元のレイアウトが

崩れてしまいます。これはいきなり有料テーマに更新してしまっては

目も当てられない状況になってしまいますね。

 

 

Theme Test Drive』プラグインを導入しよう

 

 

 

 

 

 

 

新しいWordPressテーマをついかしたもののいきなり

変更するのは怖いですね。

 

ここでおススメのプラグインを紹介します。

 

Theme Test Drive』というプラグインがあり

なかなかコイツが便利なのです。

 

何が便利なのかと言いますと、追加したWordPressのテーマを

テスト的に変更したり、修正できたりするプラグインなのです・・・?

 

よく分からない・・・という声が聞こえてきますので

もう少し説明します(´゚д゚`)

 

自分がWordPressの管理画面にログインしているときのみ

テーマを変更した状態になり、その間に他の人があなたのブログに

訪れた場合には、変更前のテーマでブログ表示するのです。

 

では分かりやすく図で解説していきましょう。

 

まずは『Theme Test Drive』をインストールしましょう。

 

 

 

 

手順はダッシュボード

プラグイン⇒新規追加⇒『Theme Test Drive』で検索し

『今すぐインストール』をしちゃいましょう。

 

 

 

 

こちらを有効化しましょう。

 

次にダッシュボードの外観を見ると『Theme Test Drive

が出てきます。こんな感じに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では実際に『Theme Test Drive』で設定変更してみましょう。

 

 

 

 

 

 

設定は簡単です。

1番上の赤枠で変更したいWordPressテーマを選択します。

2番目の赤枠の設定はそのままでOKです。

テーマを選択したら『Enable Theme Drive』ボタンを押せば設定が反映されます。

 

早速サイトを表示で着せ替えをしたブログを見てみましょう。

 

設定を元に戻すには?

 

 

 

 

 

 

 

これも簡単で上記図のように『Disable Theme Drive』ボタンを押すだけで

元のテーマに戻ります。とても簡単ですね。

 

 

着せ替え状態中に

きれいに新テーマでのレイアウトを変更出来たら、

そのまま外観⇒テーマで変更すると、簡単に着せ替え状態の内容が

反映されるようです。

 

表面上、前のテーマで表示させ、裏では新テーマでこっそりと

新しいレイアウト変更が可能みたいです。

 

 

まとめ

ブログのテーマをいきなり変更するのは、あまりよろしくないですね。

いきなりブログの表示内容がグチャグチャになる可能性があります。

 

まずは『Theme Test Drive』プラグインを使って実際にどのように

表示されるか試してみたほうが良いですね。

 

念には念を入れて、変更前にはバックアップを取っておくと

さらに安心度はアップします。

 

また『Theme Test Drive』でテーマの試着中に変更した内容が

直ぐに外観から反映されるのも手間が省けていいですね(^^♪

 

 

WordPressのテーマを途中で変更したい方は

是非ともこちらの方法で試していただければと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ようこそいらっしゃいました。

副業でネットビジネスをやっています。ブログ×メルマガ
アフィリエイトをやっています。初心者アフィリエイターさんや現在の給料に満足できない人々を応援します。
詳しいプロフィールはコチラ

 

ネットビジネスに関するお悩み質問絶賛受付中!

始めは不安なのは知っています・・・

スカイプ・ライン・スマホ何でもOK!

まずはお問合せを!

お問合せはコチラから

私のFacebookはコチラ

 

押していただけると嬉しいッス

ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットビジネスで役立つ
非公開情報を配信!

また気軽にトークしませんか?

友だち追加

アーカイブ